プロフィール

KENSHIN  

Author:KENSHIN  
照光寺ブログへようこそ!
滋賀県日野町・照光寺の副住職
花木信(法名・釋憲信)です。
照光寺についての様々な出来事を掲載していきたいと思います。


照光寺やなせななさんコンサート
♪「さくら」

照光寺のブログ内を検索する

検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリックしてください。

照光寺日記のカテゴリー

お好きなテーマを選んでください!

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の時刻

照光寺
滋賀県日野町照光寺のブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日
大晦日を迎えた今日は、陽ざしの温もりが感じられる一日となりました

*画像はクリックで拡大します!
スマイルハナ

今年も一年間、本当にありがとうございました!
スポンサーサイト
ありがとうございました
いつもご覧いただいている皆さまへ

このたび新しいブログへと移行しました→コチラ

長い間、このブログをご覧くださり、本当にありがとうございました!

引き続き、新しいブログにて照光寺での日々の出来事や、仏教についてのことなどを記していきたいと思いますので、今後もよろしくお願いいたします

新しい照光寺ブログのアドレスです→http://shoukouji2.blog.fc2.com/


あともう一息
*雷の影響で電話回線が故障したため、今日は携帯電話からの投稿となります。

今日も台風の影響でたいへん蒸し暑い陽気となりました。

昨日、いと源パソコンスクールのAさんにご協力いただき完成した、照光寺習字教室のチラシを配布させていただいたところ、早速2人の子供さんが申し込んでくださいました

日本習字の支部を開設するには、5名の子供さんの入会が必要になりますので、支部開設まであともう一息です。
手水(ちょうず)
今日は一日を通して雲に覆われ、ときおり小雨の降る肌寒い陽気となりました。

                 *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         2012 004

雨の恵みを受けて、駐車場脇花壇のツバキは今日も元気に咲いてくれています。

         2012 003


各地のお寺にお参りさせていただくと、境内に手水舎(ちょうずや)が設けられているのを目にすることがあります。

         2012 008
                   ↑京都・東本願寺の手水舎

神道に由来する手水(ちょうず)は、手を洗い口を漱いで身と心を清めるという意味があり、手水を行うことによって改めて、これから神仏にお参りをさせていただくという覚悟が生まれるといわれています。

水が流れ出てくるところ「水口」の形で最も一般的なものが、今年の干支でもある龍の形で、他にもカエルの形をしたものもあるそうです

         カエル

ちなみに、上方落語のなかには手水廻しという演目(ネタ)があります。

   
             ↑ 伴美家羽寝(ばんびやはねる)さん「手水廻し」

今日も夕方5時の鐘を、遊びに来てくれた子どもさんが上手に撞いてくれました(^_^)

         2012 013

Hくん、どうもありがとうございました

                   2012 014

浄土真宗の中陰法要
今日は日差しの温もりが感じられる、過ごしやすい陽気の一日となりました

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         2012 013

日差しの恵みを受けて、境内の水仙(スイセン)は今日も綺麗な花を咲かせてくれています。

         2012 015


今日は午後から、東近江市・八日市地区のNさん宅の中陰法要にお参りさせていただきました。

お勤めを終えたあと、お参りくださったご親類の方から、「なぜ中陰法要は七日ごとに勤めるのですか?」というご質問を受けました。

仏教には「四有(しう)」という考え方があり、人が生まれる事を「生有」、生まれてから死ぬまでの間を「本有」、人が死ぬ事を「死有」、そして死んでから次の生に向かうまでの間が「中有」となり、この「中有」にあたる期間(四十九日)に勤めるのが中陰法要です。

中陰法要にて七日ごとを一節として勤めるという形になったのは、十王経(中国において道教の影響を受けた偽経)で説かれている、死者は7日ごと、百ヶ日、一周忌、三回忌に十王の審判を受け、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の六道のいずれかに決定されるということに由来しているとされています。

               お内仏

浄土真宗では、阿弥陀さまの本願のお働きにより「この世でのいのちを終えれば、お浄土へ往き生まれる(往生)」という教えですので、七日ごとの裁判は無縁となります。

真宗門徒にとっての中陰法要は、「追善、追福の供養」というよりも、亡き人の遺徳を偲びつつ、この中陰の法要をご縁として、より深くお念仏のみ教えを味わうように心がけていきたいものです。


今日もお寺まで遊びに来てくれた子どもさんたちが、野球などをしながら元気いっぱいに遊んでくれていました

         2012 019

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

                  2012 025



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。