FC2ブログ
プロフィール

KENSHIN  

Author:KENSHIN  
照光寺ブログへようこそ!
滋賀県日野町・照光寺の副住職
花木信(法名・釋憲信)です。
照光寺についての様々な出来事を掲載していきたいと思います。


照光寺やなせななさんコンサート
♪「さくら」

照光寺のブログ内を検索する

検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリックしてください。

照光寺日記のカテゴリー

お好きなテーマを選んでください!

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の時刻

照光寺
滋賀県日野町照光寺のブログです
ありがとうございました
大晦日の今日は朝から雪が降り始め、厳しい寒さの一日となりました

                  *画像はクリックで拡大します!
            P1100429_20101231190931.jpg

この寒さの影響で、参道の掲示板には氷柱(ツララ)ができていました。

            P1100454_20101231175847.jpg

            P1100457_20101231175846.jpg

雪は断続的に降り続き、境内一面が雪化粧で真っ白になりました。

            P1100437_20101231175849.jpg

            P1100438_20101231175848.jpg


午前中は、本堂の内陣の各尊前へ鏡もちをお供えしました。

                P1100442_20101231175845.jpg

            P1100441.jpg

これで本堂の荘厳(おかざり)も完了し、新年を迎える準備が整いました。


今日は大晦日の12月31日、各地の寺院では除夜の鐘が撞かれます。

                  鐘犬


除夜の鐘は108回撞かれますが、この「108」という数の由来については次のような複数の説があるといわれています。

1. 煩悩の数を表す
眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)の六根のそれぞれに好(こう:気持ちが好い)・悪(あく:気持ちが悪い)・平(へい:どうでもよい)があって18類、この18類それぞれに浄(じょう)・染(せん:きたない)の2類があって36類、この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、人間の煩悩の数を表す。

2. 一年間を表す
月の数の12、二十四節気の数の24、七十二候(しちじゅうにこう)の数の72を足した数が108となり、1年間を表す。

3. 四苦八苦を表す
四苦八苦を取り払うということで、4×9+8×9=108をかけたとも言われている。


除夜の鐘の音色を聴きながら、今年一年間を心静かに振り返るというのは大晦日の恒例行事として定着しています。

                P1100395.jpg

照光寺の梵鐘(鐘)は、戦後の昭和22年4月に門徒の方々に寄進していただいたもので、滋賀県愛知郡長村、現在の東近江市長町の金壽堂さまにて製造されました。

            P1100398_20101231183410.jpg

それまで使われていた鐘は、戦争の武器の材料として使われ、当時のことを知る門徒の方によると、この日野町の地域の各寺院のそれぞれの鐘が、照光寺の境内一面に並べられていたそうです。

            P1100492.jpg


今日はこのあと午後11時頃より、除夜の鐘撞きが行われます。

厳しい冷え込みとなりそうですので、充分な防寒対策をしていただき、午後10時からの本堂での除夜会、そして午後11時からの除夜の鐘撞きへ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

            P1100487.jpg

除夜の鐘に先駆けて夕方5時の鐘をKくん、Fちゃんが撞きに来てくれました。

Kくん、Fちゃん、寒いなかどうもありがとうございました


今年もあともう少しで終わろうとしています。

この1年間、照光寺へ本当にたくさんの方々にお越しいただきました。

これからもご門徒さまはもちろん、老若男女だれもがいつでも気軽に足を運べて心癒され元気になれるお寺、人と人との温かい触れ合いを通して親しみが感じられる、そんなお寺でありたいなという願いとともに、これからも副住職として皆さまとともに歩んでいきたいと思います。

報恩講や永代経などの定例行事にお参りいただいたご門徒の皆さま、仏教文化講座でご縁をいただき照光寺へお越しいただきました皆さま、いつも遊びに来てくれている子どもの皆さん、様々なご縁をいただきお出会いさせていただきました皆さま、そしてこの日記(ブログ)をご覧くださっている皆さま、改めてこの1年間、本当にありがとうございました!


                    やなせななさん 「願い」 


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました→詳細はコチラ

                一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
              砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

                  一粒の種 ブック

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。
---------
2011年1月22日(土)発売予定 
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!


                     一粒の種~合唱~ 


スポンサーサイト



まるっぽ豆腐
今日はお昼前から冷たい雨が降り出し、たいへん肌寒い一日となりました

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1100332.jpg

              P1100335.jpg

境内の椿(ツバキ)

              P1100341.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは今日もそれぞれ元気に咲いてくれています。

              P1100337.jpg

              P1100338.jpg


午前中は、いつもお世話になっています髪空間 心さんへ行ってきました。

              P1100347.jpg

今日も店内ではデパペペの音楽が流れ、心地よい時間を過ごせました。

              P1100342.jpg

              P1100346.jpg

吉村さん、一年間お世話になり本当にありがとうございました


この髪空間 心さんのそばには、道の駅・アグリの郷 栗東があります。

              P1100348.jpg

              P1100350.jpg

今日は年の瀬ということもあって、多くの方々が訪れられて賑わいを見せていました。

              P1100354.jpg

              P1100356_20101230194816.jpg

このアグリの郷栗東さんには地元の特産物を扱っておられる様々な店舗がありますが、なかでも評判を呼んでいるのが豆腐工房にて作られているまるっぽ豆腐です。

              P1100415.jpg

普通のお豆腐は、大豆を茹でて、潰して、濾して、固めて作りますが、このまるっぽ豆腐はその名前の通り大豆をまるっぽ(まるごと)使っています。

                  P1100358_20101230201430.jpg

大豆の皮をむいて、粉末状に砕いて炊き、普通なら出るはずのおからも残らず、、大豆をまるっぽ(まるごと)美味しくいただけます。

              P1100361_20101230201733.jpg

この「まるっぽ豆腐」は、平成13年 優良ふるさと食品(財)食品産業センター会長賞を受賞しています。

                  P1100362_20101230201732.jpg

栗東市へお越しの際はぜひ、道の駅アグリの郷の名物商品「まるっぽ豆腐」をお試しください!


午後からは、今年最後となりました月参りで、内池地区のKさん宅へお参りさせていただきました。

                  P1100376.jpg

今年一年間、月参りでお世話になりましたご門徒の皆さま、本当にありがとうございました!


夕方には、住職と坊守(ぼうもり)によって、明日の除夜の鐘撞きの準備が行われました。

              P1100381.jpg

              P1100408.jpg

スポットライトで鐘撞堂が照らされ、風除けと防寒のためにビニールシートで鐘撞堂を覆いました。

              P1100387.jpg

              P1100407.jpg

天気予報では、明日の大晦日から明後日の元日にかけて強い寒気が流れ込み、たいへん肌寒くなりそうです。

充分な防寒対策をしていただき、午後10時から本堂内にて行われる除夜会、そして午後11時過ぎより撞き始まります除夜の鐘撞きへ、ご門徒や地域の皆さま方、そしてお正月休みで帰省され日野町へ帰ってこられた方々、皆さまのお越しを心よりお待ちしております!

                     P1100414.jpg

    
                    やなせななさん 「帰ろう」

 
砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました→詳細はコチラ

                一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
              砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

                  一粒の種 ブック

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。
---------
2011年1月22日(土)発売予定 
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!

    
                      「琵琶湖周航の歌」
冬のひまわり
今日は雲の合間からときおり日差しが差し込みましたが、冷たい風が吹き、肌寒い一日となりました

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1100248.jpg

              P1100249.jpg

本堂前のテラコッタのプリムラ・ジュリアン

              P1100300.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは、今日もそれぞれ元気に咲いてくれています。

              P1100303.jpg


午前中は、内池地区のUさん宅の月参りにお参りさせていただきました。

今日もSくんとRくんが一緒にお参りしてくれました。

              P1100250.jpg

こうして、小さな頃からお内仏(仏壇)の前で手を合わす習慣を持ち続けてくださっているのは本当にありがたいことです。

              P1100252.jpg

Sくん、Rくん、ありがとうございました!


Uさん宅の月参りを終えたあと、お寺の新聞、「照光寺だより」を各ご門徒さま宅へ配布させていただきました。

午前中は内池地区、

              P1100280.jpg
                       Tさん宅のリュウくん

              P1100291.jpg
              Oさん宅のにゃんこ (=^・^=) 気持ちよさそうです

午後からは、日野町の各地区と東近江市八日市地区のご門徒さま宅へ配布させていただきました。

              P1100310.jpg
                       Nさん宅のひまわり


今日も肌寒いなか、たくさんの子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

              P1100261.jpg

駐車場でボール遊びをしたり、境内でゴルフなどをして元気いっぱいに遊んでくれていました。

              P1100273.jpg

今日は、夕方5時の鐘を遊びに来てくれていたHくんが撞いてくれました。

              P1100328.jpg

今日も子どもさんたちの元気の遊び声がお寺いっぱいに響き渡る、とても賑やかな嬉しい一日でした

去年の年末、12月29日から始めさせていただいたこの日記(ブログ)も、早いものでちょうど一年が経ちました。

改めて自分の編集した日記(ブログ)を振り返っていると、この1年間、様々な出来事があったなと感じさせられています。

こうして日記(ブログ)をさせていただけているのも、いつも編集方法などを教えてくださっているいと源パソコンスクールの荒木さまをはじめ、多くの方々のおかげでもあります。

これからも照光寺にまつわる様々な出来事や、仏さまのみ教えについてのことなどをこの日記(ブログ)でご紹介していきたいなと思います。

この拙い日記(ブログ)を見てくださっている皆さま、いつもありがとうございます!

そしてこれからもよろしくお願いいたします
    
    
               やなせななさん 「冬のひまわり」 



砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日(土)発売予定 
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!    
                     「安里屋ユンタ」 
お飾り
今日は朝からお昼過ぎまで日差しに恵まれていましたが、夕方からは雷を伴った激しい雨が降る変わりやすいお天気の一日となりました

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1100194.jpg

境内駐車場脇の花壇の椿(ツバキ)

              P1100189_20101228184415.jpg

本堂前のテラコッタのプリムラ・ジュリアン

              P1100175.jpg

遊具脇花壇のパンジー・ビオラは、今日もそれぞれ元気に咲いてくれています。

              P1100181_20101228184539.jpg

              P1100184.jpg
                      笑顔のビオラ・庭こぞう


年末のこの時期になると、ご縁のある会社やお店の方々より、来年度の様々な種類のカレンダーを頂きます。

                  P1100246.jpg

そのうちのひとつ、照光寺のすぐそばにある川島酒店さまのカレンダーは、可愛いにゃんこたちの写真がそれぞれの月に登場してくれています(=^・^=)

              P1100173.jpg

毎月のカレンダーめくりが待ち遠しくなるような可愛いカレンダーを頂きました。

              P1100172.jpg

川島酒店さま、どうもありがとうございました


午後からは、本堂の内陣の荘厳をお正月のお飾りにする作業を行いました。

              P1100199.jpg

遊びに来てくれていたHくんにもお手伝いをしてもらい、各尊前に打敷(うちしき)を掛け、住職と坊守によって立てられた仏華などをお飾りしました。

              P1100201.jpg

              P1100219.jpg

Hくんのおかげで、だいぶん早くお飾りの作業を終えることができました。

              P1100234.jpg

              P1100221.jpg

Hくん、今日は本当にありがとうございました!


夕方には、内池地区のTさん宅の月参り、夜には山本地区のFさん宅の中陰法要にそれぞれお参りさせていただきました。

Fさん宅の中陰では、平日にもかかわらず多くのご家族、親類の皆さまがお参りくださり、一緒に大きな声でお勤めをしていただき、お勤めのあとには、お茶とお菓子をいただきながら、亡きUさんを偲ばせていただきました。

              IMG_5359_20101228213219.jpg

今年の春、照光寺の境内の桜が咲き始めた頃に開催させていただいた、Family~おかだ兄弟~さんをお招きしての「お花見コンサート」へお越しくださり、琵琶湖周航の歌などを一緒に口すさんでくださっていた、亡きUさんのお姿が改めて想いだされてきました。

              IMG_5704_20101228213216.jpg

年末でお忙しくお疲れのなか、お参りいただきましたご家族、親類の皆さま、今日は本当にありがとうございました。

              IMG_5564_20101228213218.jpg

    
                    やなせななさん 「さくら」 


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。
---------
2011年1月22日(土)発売予定 
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!

    
                      「琵琶湖周航の歌」
豆腐
今日は綺麗な青空が広がり、冷たい風が吹く肌寒い一日となりました。

                  *画像はクリックで拡大します!
              P1100118.jpg

              P1100120.jpg

冬の日差しを浴びて、本堂前のテラコッタのプリムラ・ジュリアンサボテン 

              P1100152.jpg

                  P1100125.jpg

遊具脇花壇のパンジー・ビオラは、今日もそれぞれ元気に咲いてくれています。 

              P1100136.jpg

              P1100129.jpg
                     笑顔のビオラ・庭こぞう

              P1100135.jpg


肌寒いこの時期になると、湯豆腐が恋しくなります。

仏教に深い関わりがある食品は数多くありますが、この豆腐もまた仏教と深い関係がある食べ物といわれています。

高野山真言宗の総本山・金剛峯寺のある高野山がゆかりとされている高野豆腐や、

                 高野豆腐
                          ↑高野豆腐

臨済宗大本山・南禅寺周辺でみられる南禅寺豆腐
                                   
              南禅寺豆腐
                         ↑南禅寺豆腐

平安時代中期の僧侶、空也上人ゆかりの空也豆腐など、いずれも各宗派の寺院や僧侶の名前が付いています。

              空也蒸し
                      ↑空也豆腐(空也蒸し) 
              *お豆腐入りの茶碗蒸しを空也蒸しと言うそうです。

僧侶によって、中国から伝わったといわれている豆腐は、まず寺院に普及し、肉食を禁じていた当時の僧侶たちにとっての貴重な蛋白源として愛用されていました。

                   修行

最近は健康食としても人気を集める豆腐は、日本だけでなく海外でも注目を集めているようです。

              焼き豆腐はんなり
                     ↑はんなり豆腐キャラクター

今日も肌寒いなか、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

              P1100138.jpg

              P1100147.jpg

本堂の縁側で卓球をしたり、境内でシャボン玉や水風船などをして元気に遊んでくれていました。

              P1100150.jpg

              P1100157.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響き渡る、とても賑やかな嬉しい一日でした

                     P1100121.jpg

    
                   やなせななさん 「さぼてん」 


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました


一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!


                  一粒の種~合唱~ 


信楽
今日も強い寒気の影響で、たいへん肌寒い一日となりました。

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1100046.jpg

              P1100051.jpg


今日は、甲賀市信楽町にお住まいの、Kさん宅の入仏法要と、満中陰法要にお参りさせていただきました。

信楽町には母の妹の英子おばさんが住んでおり、Kさん宅の法要の前に英子おばさん宅へ久しぶりに立ち寄らさせていただきました。

この英子おばさんの娘さん夫婦が、甲賀市役所・信楽支所のすぐそばでキッチンカーゴ(KA―GO)という洋風居酒屋をされていて、今日はキッチンカーゴ(KA―GO)でお昼ごはんを頂きました。

              P1100068_20101226182030.jpg

              P1100064.jpg

このキッチンカーゴ(KA―GO)は、昔に英子おばさん夫婦がされていた喫茶店「ねんど」の建物をそのまま受け継いで、現在キッチンカーゴ(KA―GO)として営業されています。

              P1100059_20101226182715.jpg

              P1100061_20101226182715.jpg

木の温もりが感じられるログハウス調の店内には、信楽焼きの食器などのおみやげ物なども置かれています。

              P1100058.jpg

              P1100060_20101226183437.jpg

小さな頃はよく喫茶店「ねんど」へ訪れていましたので、昔の面影が感じられて懐かしい思い出が蘇ってきました。

皆さまも甲賀市信楽町に行かれた際は、ぜひキッチンカーゴ(KA―GO)へお立ち寄りください!地図は→コチラ


お昼ごはんを頂いたあと、Kさん宅の入仏・満中陰法要にお参りさせていただきました。

Kさん宅は、照光寺のご門徒ではないのですが、知り合いの方を通じてご縁をいただきました。

お参りいただきましたご家族、親類の皆さま、今日は本当にありがとうございました!


Kさん宅の法要の帰り道に、信楽焼きを扱っておられる何件かのお店に立ち寄りました。

信楽といえばやはり信楽焼きが思い浮かびますが、なかでも代表的なものはタヌキの人形です。

                  P1100076.jpg

              P1100081.jpg

最近はタヌキだけでなく、犬や猫、お地蔵さまなど様ざまな種類の人形があります。

              P1100083.jpg

              P1100109.jpg

              P1100112.jpg

今日はこの信楽でも初雪が降り、鍋物やシチューが恋しくなるような厳しい寒さの一日でした

                     P1100116.jpg

    
                    やなせななさん 「シチュー」


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!

    
                         童神 
蜜柑(ミカン)
今日は、この冬一番の厳しい寒さとなり、各地で初雪が観測されました

                  *画像はクリックで拡大します!
              P1100009.jpg

この寒さのなか、本堂前に置いているテラコッタのプリムラ・ジュリアン

              P1100013.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは、今日もそれぞれ元気に咲いてくれています。

              P1100005.jpg

              P1100008.jpg


午前中は、内池地区のMさん宅

              P1090996.jpg

Kさん宅の月参りにそれぞれお参りさせていただきました。

                  P1090997.jpg

Kさん宅の庭には蜜柑(ミカン)の木があり、日差しを浴びて元気に実っています

              P1100003.jpg


午後からは、遊具脇花壇でいつもお世話になっています、東近江市・八日市地区のグリーンプラザカワシマさんへ行ってきました。

              P1100024.jpg

今日も様ざまな種類の花が並んでいました。

              P1100019_20101225184227.jpg
                        ↑パンジー・ビオラ

              P1100027.jpg
                     ↑プリムラ・ジュリアン

              P1100028.jpg
                       ↑葉牡丹(ハボタン)


今日は夕方5時の鐘を、肌寒いなかお寺へ遊びに来てくれていた子どもさんたちが撞いてくれました。

              P1100032.jpg

Yくん、Kくん、Hくん、どうもありがとうございました!

              P1100035.jpg

   
               やなせななさん 「蜜柑(ミカン)」 


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!

    
                       涙そうそう 
思い出
今日は冷たい北風が吹き、たいへん肌寒い一日となりました。

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1090977.jpg

              P1090975.jpg

              P1090972.jpg


午前中は、東近江市・八日市地区のTさん宅の満中陰法要にお参りさせていただきました。

              P1090946.jpg

お参りいただきましたご家族、親類の皆さま、今日は本当にありがとうございました!


その後、お昼前からは「日野生花」さまの葬儀ホールで勤まりました、日野町山本地区のUさんの葬儀式にお参りさせていただきました。

              P1090959.jpg

亡きUさんと最後にお会いしたのが、今年4月4日に開催させていただいた仏教文化講座の時でした→コチラ

              IMG_5359.jpg

滋賀県米原市(旧山東町)出身の Family~おかだ兄弟~さんをお招きしてのコンサートへ、車椅子を利用してお孫さんのJさんと一緒に本堂までお越しくださり、本当にありがたく思いました。

              IMG_5366.jpg

Family~おかだ兄弟~さんの歌われる童謡や唱歌を、昔を懐かしむように一緒に口ずさみながら聴いてくださっていた、亡きUさんのお姿が思い出として蘇ってきます。

              IMG_5370_20101224201928.jpg

ご一緒に本堂で、Family~おかだ兄弟~の健太郎さん、通利さんの心温まる優しい歌声を聴かせていただくことができて本当に良かったなと、いま改めて感じています。

Uさん、長年、照光寺に対していろいろとご尽力いただき、本当にありがとうございました。

    
              Family~おかだ兄弟~さん 「ふるさと」 藤井本家にて 

砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました


一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!


                  一粒の種~合唱~ 


奈良
今日は日曜学校の卒業生のH君と一緒に、奈良へ行ってきました。
 
去る、9月23日にお越しくださいました→*コチラ シンガーソングライターで「歌う尼さん」こと、やなせななさんのコンサートが奈良で行われるということで、久しぶりに奈良県を訪れさせていただきました。

                  *画像はクリックで拡大します!
              P1090940.jpg
 
近鉄奈良駅の改札口ではせんとくんが出迎えてくれます。

              P1090836.jpg

                  P1090837.jpg

そして、駅から外に出ると行基菩薩の像を目にすることができます。

やなせさんのコンサートは午後からでしたので、午前中はレンタサイクルを利用してHくんと一緒に奈良の街を散策しました。


最初に訪れたのは、以前から行ってみたかったならまちエリアです。

              P1090696.jpg
奈良町資料館

              P1090701.jpg
吉田蚊帳さん

              P1090717.jpg
今西清兵衛商店さん

歴史ある町屋を利用された様ざまお店が並んでいました。


こんなユニークなお店もありました。

              P1090712.jpg
猫カフェ 寧估庵(ねこあん)さん

                  P1090711.jpg

日当たりの良い窓際で、にゃんこたちが気持ちよさそうに眠っていました

                  P1090709.jpg

                  P1090708.jpg

              P1090690.jpg
                       ↑鹿プチーノ


お昼すぎには、小学校の修学旅行以来となる東大寺を訪れました。

               P1090808.jpg

               P1090815.jpg

               P1090817.jpg

間近でみる東大寺、そして大仏さまは、改めて迫力を感じさせられます。

              P1090799.jpg

              P1090776_20101223232821.jpg

              P1090785.jpg

参道では、たくさんの鹿たちの姿を目にすることができました。


午後からはいよいよ、やなせさんのコンサートです

              P1090839.jpg

今日はイトーヨーカドー奈良店の特設ステージにてコンサートが行われました。

              P1090904.jpg

クリスマスの季節ということで、今日は「尼サンタ」の衣装で登場されました

              P1090913.jpg

今日は、クリスマスソングやオリジナル曲などを、おなじみの奈良弁の気さくなMCを交えて約1時間、聴かせていただけました。

              P1090914.jpg

やなせさんの心癒される素敵な歌声に、また改めて元気をいただくことができました

              P1090922.jpg

やなせさん、今日は本当にありがとうございました!

              P1090924.jpg

以下は、Hくんが帰りの電車内にて、携帯電話から編集してくれた文章です↓

特に心に残った所は大仏殿にいったことです やなせななさんのクリスマスコンサートでとてもHAPPYになりました。
あと、サインに合格と書いて貰えてとても、嬉しかったし、写真も一緒に撮ったし、感激しております。
また、来年も奈良に訪れたいです Thank you very much
    


鏡餅つき
暦の上で冬至を迎えた今日は冷たい北風が吹き、肌寒い陽気の一日となりました。

*画像はクリックで拡大します!
              P1090571.jpg

              P1090585.jpg

遊具脇花壇のパンジー・ビオラ

              P1090588.jpg
                    ↑笑顔のビオラ・庭こぞう

              P1090586.jpg

本堂前に置いているテラコッタのプリムラ・ジュリアンは、今日もそれぞれ元気に咲いてくれています。

              P1090591.jpg


午前中は、内池地区のKさん宅

                  P1090574.jpg

Tさん宅の月参りにそれぞれお参りさせていただきました。

                  P1090576.jpg


昨日の日記でも触れましたが、今日もひこにゃん彦根城の迎春準備として、鏡餅つきのお手伝いをしてくれました(=^・^=)

                  彦根城ひこ

昨日の門松飾りにつづき、今日はあいにくの小雨模様のなか鏡餅つきが始まり、多くのファンや観光客に見守られながらの鏡餅つき作業となったようです。

                  もちつきひこ

    

その後、つきたてのきな粉餅がひこにゃんから皆さんに振るまわれました。

                  きなこもち

    

小雨模様のなかの鏡餅つきのお手伝い、今日もひこにゃんは大活躍でした

                  ひこにゃん7


お正月には欠かせない、この鏡餅浄土真宗においても修正会(しゅしょうえ)*お正月の法要(勤行)の荘厳として、各尊前にお供えしています。

                  かがみもち


今日は夕方5時の鐘を遊びに来てくれていたHくんが撞いてくれました。

              P1090610.jpg

Hくん、どうもありがとうございました!

                     P1090611.jpg


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!

    
                         童神 
ひこにゃん
今日は朝方は霧に覆われ、夕方からは雨が降り出し、ぐずついたお天気の一日となりました。

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1090522.jpg

              P1090524.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞう

              P1090529.jpg

本堂前に置いているテラコッタのプリムラ・ジュリアンは、今日もそれぞれ元気に咲いてくれています。

              P1090559.jpg

庫裏(くり)の庭に、お隣りのTさん宅のにゃんこが訪れてきました(=^・^=)

              P1090540.jpg


午前中は内池地区のTさん宅、午後からは大窪地区のTさん宅の月参りにそれぞれお参りさせていただきました。

                  P1090570.jpg
                   Tさん宅のひこにゃんマスコット

今日は彦根城にて、年末恒例の門松飾りが行われ、彦根市のキャラクター・ひこにゃんもお手伝いをしてくれていました。

              門松

              門松2

老若男女、幅広い年代から愛されるひこにゃんは、今日も大人気のようでした

              門松3

              門松4

明日行われる鏡餅つきにもお手伝いとして参加するひこにゃんは、年末も大忙しです。

    
                   ↑去年の鏡餅つきの様子です

*ちなみに浄土真宗(仏教)では門松を飾る習慣はなく、真宗門徒にとっては門松を飾る必要はありませんコチラをクリック!

今日も夕方になると子どもさんたちがお寺へ遊びに来てくれました。

              P1090554.jpg

境内で野球をしたり、水ふうせん遊びなどをして元気いっぱいに遊んでくれていました。

              P1090565.jpg

水ふうせんは、子どもさんたちに大人気です。

              P1090566.jpg

              P1090568.jpg

みんな笑顔で楽しく遊んでくれていました。

              P1090557.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響き渡る、とても賑やかな嬉しい一日でした

                    P1090523.jpg

砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!

    
                       涙そうそう 
本願寺すす払い
今日は気温が高くなり、この時期にしては暖かい陽気の一日となりました。

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1090469_20101220185131.jpg

              P1090464.jpg

京都の東西本願寺では、年末恒例行事のすす払いがそれぞれ行われました→動画はコチラ

              すす払い
                  ↑京都・東本願寺のすす払いの様子

先日、照光寺でも行われたすす払いの行事→コチラをクリック!は、本願寺八代蓮如上人の時代から伝わる行事で、毎年12月20日に行われています。


午後からは、大窪地区のKさん宅

                  P1090473.jpg

内池地区のJさん宅の月参りにそれぞれお参りさせていただきました。

                  P1090520.jpg
                     ↑Jさんが撮影された写真


今日も夕方になると、たくさんの子どもさんたちがお寺へ遊びに来てくれました。

              P1090499.jpg

              P1090501.jpg

境内で水ふうせん遊びをしたり、砂場で遊んだり、野球やフラフープをしたり、みんなそれぞれ元気に遊んでくれていました。

              P1090479.jpg

              P1090506.jpg

夕方5時の鐘もみんなで撞いてくれました。

              P1090509_edited-1_20101220192446.jpg

              P1090511.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響き渡る、とても賑やかな嬉しい一日でした

              P1090482.jpg

                      P1090474_20101220192445.jpg


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました


一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!


                  一粒の種~合唱~ 



子どもお待ち受け法要
今日は風もおだやかで、日差しの温もりが感じられる過ごしやすい一日となりました

                  *画像はクリックで拡大します!
              P1090431.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞう

              P1090450.jpg

本堂前のテラコッタのプリムラ・ジュリアンは日差しを浴びて元気に咲いてくれています。

              P1090452.jpg


今日は京都市山科区にあります、真宗大谷派山科別院 長福寺(東御坊) にて開催されました、照光寺の属する京都教区の「子ども御遠忌お待ち受け法要」のお手伝いへ行ってきました。

              P1090357.jpg

              P1090412.jpg

来年に京都・東本願寺にて勤まる宗祖・親鸞聖人の750回御遠忌に向けて、日本全国各地の別院や一般寺院にてお待ち受け法要が勤まっていますが、今日は京都教区の主催で子どもさんたちによる法要が勤まりました。

              P1090367.jpg
              ↑出仕前の子どもさんたちの様子(控え室にて)

午前10時より、子どもさんたちによる正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)のお勤めが始まりました。

              P1090379.jpg

              P1090368.jpg

正信念仏偈に引き続き、子どもさんによって御文(おふみ)が拝読されました。

              P1090381.jpg

そのあと短い休憩をはさみ、真宗大谷派の宗門校・大谷中学校・高等学校の校長を務めておられます、真城義麿先生より法話をお取次ぎしていただきました。

              P1090394_20101219202205.jpg

子どもさんたちも余間にて、足の痺れを我慢しながら真城先生のお話を聴聞しておられました。

              P1090397.jpg

最後に、本堂を背景に皆さん揃っての記念写真が撮影されました

              P1090399_20101219202631.jpg

緊張しながらの法要出仕を終えて控え室に戻った子どもさんたちは、大役を終えた安心感でいっぱいの様子でした。

              P1090404_20101219203514.jpg

みなさん、お疲れ様でした

そのあと境内では模擬店やゲームコーナーなどが設けられ、子どもさんたちも笑顔で楽しく過ごしておられました。

              P1090410.jpg

真宗大谷派(お東)のマスコットキャラクター・鸞恩くんは子どもさんたちに大人気でした

                  P1090411.jpg

今日は天候にも恵まれ、本当にたくさんの方々にお参りいただき、賑やかな「子どもお待ち受け法要」となりました。

お参りいただきました皆さま、出仕してくださった子どもさん方、そして準備・あと片付けをしていただきました役員、スタッフの皆さま、今日は本当にありがとうございました!


午後からは、内池地区のKさん宅の月参りにお参りさせていただきました。

              P1090443_20101219204503.jpg

そのあと午後3時より、今年最後となりました照光寺・世話方(役員)会議が行われ、今年開催された法要や行事の経過報告と来年の行事予定、そして会計報告などについて協議していただきました。

              P1090458.jpg

会議終了後には、今年1年間の慰労も込めて世話方の皆さまとともに食事を頂きました。

              P1090463.jpg

世話方の皆さま、今年も照光寺の護持運営にご尽力いただき本当にありがとうございました!

                      P1090454.jpg

砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。
---------
2011年1月22日(土)発売予定 
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!

    
                      「琵琶湖周航の歌」
いちご大福
今日は冷たい風が吹き、たいへん肌寒い一日となりました。

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1090296.jpg

              P1090226.jpg
                     笑顔のビオラ・庭こぞう

                  P1090291.jpg


午前中は、日野町・村井地区の真宗大谷派(お東)、晴明寺さまのご門徒の方の葬儀式に役僧(やくそう)として参勤させていただきました。

              P1090229.jpg

最近は葬儀ホールなどで行われることが主流となっているなか、今日はお寺の本堂にて葬儀式が行われました。

              P1090238.jpg

肌寒いなか、お参りいただきましたご家族、親類、そして地域の皆さま、今日は本当にありがとうございました。


午後からは、東近江市八日市地区のNさん宅

              P1090308.jpg
                   Nさん宅のそばの喜多スポーツ店

内池地区のTさん宅の月参りにそれぞれお参りさせていただきました。

              P1020536_20101218201915.jpg


今日も夕方になると子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

肌寒いなか、境内で野球をして元気に遊んでくれていました

              P1090330.jpg

花の植え付け作業も手伝ってくださいました。

              P1090345_20101218202601.jpg

Kくん、どうもありがとうございました!

              P1090337_20101218201913.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響き渡る、とても賑やかな嬉しい一日でした


夜には、ご門徒のKさんがいちご大福を持ってきてくださいました

                  P1090350.jpg

照光寺の近くにあります伊勢藤(いせとう)さまのいちご大福は地元はもちろん、他府県からも買い求めに来られる方も多い、とても美味しく大人気の和菓子です。

              P1090351.jpg

Kさん、どうもありがとうございました

                    P1090347.jpg

砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日(土)発売予定 
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!    
                     「安里屋ユンタ」 
水ふうせん
今日は朝から綺麗な青空が広がり、日差しに恵まれた過ごしやすい一日となりました

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1090099.jpg

遊具脇花壇のパンジー、ビオラは日差しを浴びて元気に咲いてくれています。

              P1090102.jpg

              P1090105.jpg

境内のツバキも次々と花を咲かせてくれています。

              P1090107.jpg

              P1090094.jpg


午前中は、内池地区のIさん宅

                  P1090087.jpg

Mさん宅の月参りにそれぞれお参りさせていただきました。

              P1090091.jpg


今日も午後になると子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

              P1090110.jpg

本堂のなかでニンテンドーDS(DS)プレイステーション・ポータブル go (PSP go)などの携帯ゲーム機で遊んだり、境内で水ふうせん遊びなどをして元気に遊んでくれていました。

              P1090138.jpg

                  P1090130.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響き、とても賑やかで嬉しい午後のひとときでした

              P1090115.jpg

              P1090127.jpg

今日は夕方5時の鐘を遊びに来てくれたHくんが撞いてくださり、とても良い音色が響いていました。

              P1090165.jpg

Hくん、どうもありがとうございました


夜には、東近江市八日市地区のご門徒、Tさん宅の遷仏(せんぶつ)法要・入仏式中陰法要にお参りさせていただきました。

はじめに、これまでご安置いただいてましたお内仏(仏壇)のまえで「遷仏(せんぶつ)法要」を勤めさせていただき、そのあと仏壇・仏具専門店「おぶつだんの一休さん」の社員の方々に、お内仏を移動、安置していただき、新しいお内仏(仏壇)のまえで「入仏法要」のお勤めをさせていただきました。

              P1090168.jpg

              P1090173.jpg

そのあと引き続いて、中陰法要のお勤めをさせていただきました。

お忙しいなかお参りくださいましたご家族、親類の皆さま、「おぶつだんの一休さん」の社員の皆さま、今日は本当にありがとうございました。


Tさん宅のお隣りの街、東近江市石塔地区では、ペットボトルを利用したイルミネーションが点灯されています。

              P1090185.jpg

              P1090213.jpg

「もったいない」を地域で活かそうと始められた活動で、約10000個のペットボトルを使い、大小8個のツリーとリース、光のトンネルなどを地区の子どもさんたちと大人が一緒になって製作しておられます。

              P1090204.jpg
                               
                  P1090195.jpg

手づくりの温かさが感じられるペットボトルツリーのエコな灯りを、お近くにお住まいの方はぜひご覧ください!

                      P1090092.jpg


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました


一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!


                      一粒の種~合唱~ 
巡り会えたご縁
今日も強い寒気の影響で冷たい空気に包まれ、底冷えの一日となりました。

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1090084_20101216202441.jpg


午前中は、東近江市五個荘町にあります淡海書道文化専門学校へ、今年最後の書道の稽古へ行ってきました。

              P1080987.jpg

今日も奥平朋子先生より、筆の扱いや運び方、文字の大きさやバランスなどを指導していただきました。

              P1080986.jpg

今年の2月から習い始めた書道も、もうすぐ一年になろうとしています。

恥ずかしながら、最近になってようやく筆に慣れてきたような段階ですが、奥平先生がいつも言ってくださるように、すぐには上手になろうと思わずに、とにかくあきらめずに続けていくこと、そしていつかはお寺の本堂で子供さんたちに書道を教えられるようになりたいという夢と目標を忘れずに、生涯を通して書道を学んでいきたいなと思います。

奥平先生、今日もご指導いただきありがとうございました。

              P1080996.jpg

今日は今年最後の書道教室ということもあって、奥平先生、そして一緒に学ばせていただいています皆さまとともに、淡海書道文化専門学校のすぐそばの松研さまにてお昼ごはんを頂きました。

              P1080993.jpg

店内には大きな水槽があり、様ざまな種類の魚が元気に泳ぎ回っていました

              P1080991.jpg

今日は、奥平先生が注文してくださった「お寿司定食」を皆さんと一緒に頂きました

              P1080992.jpg

美味しい食事とともに、皆さんと様ざまなお話を交わしながら、楽しい時間を過ごせました。


奥平先生のお人柄のおかげもあって、本当に和やかで明るい雰囲気のもとこの一年間、書道を学ばせていただけました。

この淡海書道文化専門学校に巡り会えたご縁に感謝です。

奥平先生、そしてご一緒に学ばせていただきました皆さま、この一年間本当にありがとうございました!
また来年もよろしくお願いいたします

                  P1090020.jpg
                  ↑奥平先生から頂いた手作りの壁掛け

午後からは、内池地区のTさん宅とIさん宅の月参りに寄せていただきました。

              P1090086.jpg
                      ↑Iさん宅の招き猫


今日も夕方になると子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

              P1090057.jpg

本堂の縁側で卓球をしたり、境内でシャボン玉遊びや遊具遊びなどをして、肌寒いなか元気いっぱいに遊んでくれていました。

              P1090076.jpg

幼稚園児のお子さんから中学生の生徒さんまで、年代を超えてみんなで楽しく遊んでくれている姿を見させていただくと本当に嬉しく幸せな気持ちになります。

              P1090079.jpg

これからも子どもさんたちにとって楽しく安心して遊べるお寺、そして老若男女だれもがいつでも気軽に訪れることができ、心癒され元気になれるお寺でありたいなという願いを、子どもさんたちの笑顔で遊んでくれている姿を通して確かめさせていただけました。

              P1090074.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響き渡る、とても賑やかな嬉しい一日でした

                     P1090081.jpg


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!

    
                                 童神 
パソコンスクール
今日は寒気の影響で冷たい空気に包まれ、たいへん肌寒い一日となりました。

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080933.jpg

遊具脇花壇の庭こぞう

              P1080936.jpg

境内のツバキは、今日もそれぞれ元気に咲いてくれています。

              P1080938.jpg


午後からは甲賀市水口町にあります、いと源パソコンスクールさまへ、ホームページなどについての相談に行ってきました。

              P1080958.jpg

この照光寺のホームページを企画・製作していただきました「いと源」さまは、明治時代に日野町で創業され、当初は綿花加工事業をされていましたが、現在はパソコン関連事業を専門にされています。

              P1080955.jpg

最近、店舗を新しくリニューアルされ、入り口を入ってすぐの通路には、レトロでおしゃれな時計が設置されていました。

              P1080950.jpg

いつもお世話になっています荒木さまに、新しく綺麗な教室にてホームページについて色々と相談に乗っていただきました。

              P1080946_20101215193840.jpg

教室内には、いと源さまの創業者である池田源治郎氏にまつわる絵画や、創業の地・日野町についての書物なども置かれていました。

                  P1080945.jpg

              P1080943.jpg

帰り際に、いと源さまの来年のカレンダーをいただきました。

              P1080977.jpg

シンプルなデザインで、どのようなタイプのお部屋にもマッチするカレンダーです。

              P1080979.jpg

予定などを書き込むスペースがたっぷりとあり、たいへん重宝してくれそうです。

                  P1080951.jpg

荒木さま、今日はホームページについての様ざまな相談に乗ってくださり、またカレンダーまでいただき、本当にありがとうございました!


夕方には、内池地区のTさん宅の月参りに寄せていただきました。

              P1080974_20101215195453.jpg

今日は冷たい空気に包まれ、とても肌寒い陽気の一日でした。

                      P1080941.jpg

砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年12月24日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!

    
                           涙そうそう 
日野駅
今日は明け方まで雨が降っていましたが、日中は薄雲の合間から日差しが差込む過ごしやすい陽気となりました

                  *画像はクリックで拡大します!                   
              P1080836.jpg

              P1080850.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは、今日も元気に咲いてくれています

              P1080848.jpg

              P1080844.jpg


午前中は、内池地区のKさん宅の月参りに寄せていただきました。

              P1080838.jpg
              Hさんが愛用されていた想い出の自転車

Kさん宅では、おみやげに「たねや」さんのどら焼きをいただきました。

              P1080841.jpg

バームクーヘンで有名なクラブハリエを展開されているたねやグループさんですが、和菓子もたいへん美味しく、どら焼きをはじめ様ざまな種類の和菓子を製造、販売されています→コチラをクリック! 

Kさん、どうもありがとうございました!

午後からは、照光寺から歩いて約5分ほどのところにあります、近江鉄道・日野駅のトイレ掃除に行ってきました。

              P1080858.jpg

照光寺の所在地・日野町内池地区には、「内池クリーンクラブ」というグループがあり、会員の皆さま方によって順番に日野駅のトイレの清掃作業が行われています。

                  P1080857.jpg

日野駅は、1900年(明治33年)10月1日の開業以来、現在にいたるまで110年間ものあいだ、多くの方々に利用されてきました。

              P1080860.jpg

最近は、自家用車の普及などの影響で利用者も減少気味のようですが、いまも学生さんを中心に利用されています。

              P1080873.jpg

また休日などには、県内外から鉄道ファンの方々が、趣きのある駅舎や鉄道車両を見学に来られています

              P1080871.jpg

これからも内池クリーンクラブの一員として、この日野駅を綺麗に保ち、日野町を訪れてくださる方々や、いつも利用されている方々が気持ちよく感じていただけるように、清掃作業に励んでいきたいなと思います。


夕方には、遊具脇花壇へ残っていたチューリップの球根の植え付け作業を行いました

              P1080886.jpg

              P1080891.jpg

植え付け作業中に、ご門徒のJさんがカブラと、

                  P1080894.jpg

ノースポールの苗を持ってきてくださいました。

              P1080882.jpg

チューリップとともに、ノースポールの開花もいまからとても楽しみです

Jさん、どうもありがとうございました!

クリスマスが近づき、住職が館長を務めています「日野町立必佐公民館」も、夜になるとイルミネーションが点灯されています。

              P1080909.jpg

              P1080900.jpg


お近くにお越しの際はぜひご覧ください!

昨晩には、年末恒例の会計監査会議が行われました。

              DSCF0308.jpg

役員の皆さま、お忙しいなか、本当にありがとうございました

                     P1080842.jpg

砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました


一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2011年1月22日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!


                  一粒の種~合唱~ 
くしゃみ
今日は一日を通して冷たい雨が降り続き、たいへん肌寒い陽気となりました

                  *画像はクリックで拡大します!
              P1080813.jpg

雨の恵みを受けて、遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは今日も元気に咲いてくれています

              P1080814.jpg

また、境内のツバキも花を咲かせ始めてくれています。

              P1080819.jpg


午前中は、内池地区のIさん宅、

                  P1080812.jpg

午後からは、Yさん宅の月参りにそれぞれお参りさせていただきました。

                  P1080834.jpg


12月も半ばとなり、だんだんと肌寒くなってきましたが、周りには風邪をひいておられる方が増えてきています

風邪の症状のひとつに「くしゃみ」がありますが、この言葉は仏教と関わりがあると言われています。

                    くしゃみ

あるとき、お釈迦さまが「くしゃみ」をされました。すると、弟子たちがいっせいに「クサンメ」と唱えて、お釈迦さまの健康を願いました。

「クサンメ」は古代インド語で「長寿」という意味があり、そこから「休息万病(くそくまんめい)」と音写*(ある言語の語音を、他の言語の文字を用いて書きうつすこと)されたそうです。

                    お釈迦さまです

インドでは、クシャミをすると命が縮まるといって、「クサンメ」と唱える風習があったといわれていますので、これは長寿を祈る呪文だったのかもしれません。

やがて「くしゃみ」はこの「クサンメ」から転化して用いられるようになり、今に至っています。

                    みんな元気で

「 一ほめられ 二そしられ 三わらわれ 四かぜひく 」ともいわれている「くしゃみ」、これから本格的な冬の季節を迎えますが、仏教語でもある「くしゃみ」があまり出すぎないように体調管理には気をつけていきたいものです。


                       P1080831.jpg

去る、9月23日(祝)に照光寺へお越しいただき、心癒される素敵な歌声をきかせていただきました、シンガーソングライター・やなせななさんが明日、12月14日(火)に近畿地方のテレビ番組、読売テレビかんさい情報ネットten!にコメンテーターとして出演されます

◆12月14日(火) 読売テレビかんさい情報ネットten! 午後4時48分~午後7時

皆さま、ぜひご覧ください!

    
                      やなせななさん 「願い」 
                 

砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。
---------
2010年12月24日発売予定 → 2011年1月22日(土)発売予定 
*諸事情により、発売延期となりました
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!

    
                      「琵琶湖周航の歌」 
すす払い
今日は日差しに恵まれ、風も比較的おだやかな過ごしやすい陽気となりました

                 *画像はクリックで拡大します!
              P1080756.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは、今日も元気に咲いてくれています

              P1080759.jpg

                  P1080766.jpg


午後からは、年末の恒例行事の本堂の大掃除であります、すす払いが行われました。

              P1080776.jpg

はじめに、住職と門徒総代のSさんより挨拶があり、そのあとご門徒の皆さま方にお世話になり、すす払いの作業をしていただきました。

P1080784.jpg 

P1080782.jpg

脚立(はしご)を用いて、本堂の外陣の高い場所の煤(すす)や埃(ほこり)を取り払い、雑巾(ぞうきん)で綺麗に拭いていただきました。

P1080785.jpg 

P1080779.jpg

また、内陣のほうも同様に綺麗にしていただきました。

              P1080788.jpg

今日は本堂内だけでなく、外の境内の清掃作業もしていただきました。

              P1080783.jpg

ご門徒の皆さま方のおかげで、本堂や境内の隅ずみまでたいへん綺麗にしていただけました。

普段から、これまで以上にもっと本堂や境内の掃除をしっかりとしていかないといけないなということを、今日は改めて感じさせられました。

                  そうじ

そしてまた、照光寺というお寺はご門徒の皆さま方に支えられ、護られているのだということも、今日のすす払い作業を通して強く感じさせていただけました。

今日は貴重な日曜日のお休みの日に、すす払い作業をお世話になりましたご門徒の皆さま方、本当にありがとうございました!


今日もたくさんの子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

              P1080794.jpg

境内で野球をしたり、シャボン玉遊びをしたりして元気いっぱいに遊んでくれていました。

              P1080791.jpg

幼稚園児のお子さんから小学生、中学生、ご年配の方まで年代を超えてみんな笑顔で楽しく遊んでくれている姿を目にすると、本当にありがたく嬉しい気持ちにさせていただけます。

              P1080793.jpg

これからも老若男女だれもがいつでも気軽に訪れることができて、心癒され元気になれる、そんなお寺でありたいなと思います。

                  子どもさんお寺


夕方には、内池地区のNさん宅のご家族の皆さまが本堂にお参りくださり、ご志納いただきました永代経懇志(えいたいきょうこんし)の勤行を勤めさせていただきました。

              P1080808.jpg

お参りくださいましたご家族の皆さま、今日は本当にありがとうございました!

                      P1080768.jpg

去る、9月23日(祝)に照光寺へお越しいただき、心癒される素敵な歌声をきかせていただきました、シンガーソングライター・やなせななさんが来る12月14日(火)に近畿地方のテレビ番組、読売テレビかんさい情報ネットten!にコメンテーターとして出演されます

◆12月14日(火) 読売テレビかんさい情報ネットten! 午後4時48分~午後7時

皆さま、ぜひご覧ください!

    
             やなせななさん 「最期の子守唄」 
                 
砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。
---------
2010年12月24日発売予定 → 2011年1月22日(土)発売予定 
*諸事情により、発売延期となりました
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!

    
                     「安里屋ユンタ」 
日野商人屋敷
今日は朝から曇り空がひろがり、午後からは雨模様の一日となりました

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080660.jpg

              P1080664.jpg
                     笑顔のビオラ・庭こぞう


以前、照光寺のお隣りの鈴休神社についての地域学習の際にお世話になりました→(クリック!)社 信之さまが宮司を務めておられる、馬見岡綿向神社のすぐそばに、日野商人屋敷・ギャラリー仁正寺藩があります。

              P1080669.jpg

              P1080670.jpg

屋敷のなかには、黒タイル張りのおくどさん(かまど)や着物をはじめ、

              P1080712.jpg

              P1080699_20101211195146.jpg

昔のテレビやレコードなどが展示されています。

                  P1080705.jpg

              P1080718.jpg

仏間には、立派なお内仏(仏壇)があり、鶴亀の燭台(ローソク立て)も今ではあまり見かけない、昔ながらの独特の形をしていました。

                  P1080733_20101211201640.jpg

                  P1080737_20101211201638.jpg

また屋敷内には美しい日本庭園があり、その庭園を眺めながら抹茶やコーヒーをゆっくりと頂くことができます。

              P1080726.jpg

              P1080731_20101211200026.jpg

皆さまも日野町に来られた際は、当時の日野商人の暮らしぶりや精神を感じることができる「日野商人屋敷・ギャラリー仁正寺藩」へぜひ足をお運びください!

                   P1080740.jpg

                       P1080659.jpg

去る、9月23日(祝)に照光寺へお越しいただき、心癒される素敵な歌声をきかせていただきました、シンガーソングライター・やなせななさんが来る12月14日(火)に近畿地方のテレビ番組、読売テレビかんさい情報ネットten!にコメンテーターとして出演されます

◆12月14日(火) 読売テレビかんさい情報ネットten! 午後4時48分~午後7時

皆さま、ぜひご覧ください!

      
             やなせななさん 「しんらんさま・祭りのあと」 
                 
砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。
---------
2010年12月24日発売予定 → 2011年1月22日(土)発売予定 
*諸事情により、発売延期となりました
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!

    
                  砂川恵理歌さん 「笑(えみ)」 
日野菜
今日は風もおだやかで、雲の合間から日差しも差込み、過ごしやすい陽気となりました

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080624.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは、今日も元気に咲いてくれています。

              P1080634.jpg

                  P1080628_20101210223336.jpg


午前中は、内池地区のMさん宅の月参りに寄せていただきました。

                  P1080623.jpg


照光寺の所在地、滋賀県蒲生郡日野町の特産品のひとつに、日野菜があります。

日野菜はその名が示すとおり、滋賀県日野町を発祥地とするカブラの一種です。

              P1080638.jpg
                ↑照光寺のご門徒さまから頂いた日野菜 

室町時代の日野の領主・蒲生貞秀公が、日野の鎌掛(かいがけ)という地域で野生菜を発見し、その菜を漬物にしてみると、色、味ともに風雅なものであったため、京の公家に贈り、時の天皇に献上されました。
天皇もこの漬物の美味しさに喜び、その公家を通じ和歌一首が貞秀公のもとに贈られました。

『近江なる ひものの里の さくら漬 これぞ小春の しるしなるらん』

以来この菜を日野菜とよび、漬物を「さくら漬」の名で親しまれるようになったといわれ、歴史ゆかしい伝統野菜です。

              日野名

日野町では、地元で大切に守られてきた種苗を栽培し、寒暖の差によって首の部分が鮮やかな紫紅に発色します。


この日野菜は、お漬物としてだけでなくて、様ざまなお料理に用いられています。
クリック→日野菜のレシピ

最近は、「ひの菜(なっ)ちゃん」というお茶漬けの素や、日野菜マリネ&日野菜ドレッシングも開発されていて、お漬物の苦手な子どもさんをはじめとした、若い世代にも身近になってきています。

              日野菜

皆さまもぜひ日野町の特産品、日野菜をお試しください


今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

              P1080640.jpg

本堂でビンゴゲームをしたり、境内でバトミントンなどをして元気に遊んでくれていました。

              P1080645.jpg

夕方5時の鐘もついてくださり、とても良い音色が響いていました。

              P1080650.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響き、とても賑やかで嬉しい夕暮れのひと時でした

              P1080641.jpg


夜には、東近江市八日市地区のご門徒、Tさん宅の中陰法要にお参りさせていただきました。

              P1080653.jpg
                  ↑Tさん宅のそばのイルミネーション

お参りいただきましたご家族、親類の皆さま、今日は本当にありがとうございました。

                      P1080630.jpg

去る、9月23日(祝)に照光寺へお越しいただき、心癒される素敵な歌声をきかせていただきました、シンガーソングライター・やなせななさんが来る12月14日(火)に近畿地方のテレビ番組、読売テレビかんさい情報ネットten!にコメンテーターとして出演されます

◆12月14日(火) 読売テレビかんさい情報ネットten! 午後4時48分~午後7時

皆さま、ぜひご覧ください!

    
                  やなせななさん 「さくら」 
                 
砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。
---------
2010年12月24日発売予定 → 2011年1月22日(土)発売予定 
*諸事情により、発売延期となりました
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!

    
                砂川恵理歌さん 「ひかり」      
書道
近畿地方では奈良県で今年初めてとなる初雪を観測した今日は、たいへん肌寒い陽気の一日となりました。

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080539.jpg

              P1080546.jpg

              P1080600.jpg
                  遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞう


午前中は、東近江市五個荘町にあります淡海書道文化専門学校へ書道の稽古へ行ってきました。

              P1080548_20101209183010.jpg

今日も奥平朋子先生より、筆の扱い、運び方、筆圧の加え方や、文字の太さやバランスなどを指導していただきました。

              P1080550_20101209183009.jpg

奥平先生、今日も本当にありがとうございました!


肌寒いなか、今日も夕方になると子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

              P1080591.jpg

境内で野球をしたり、本堂のなかで本を読んだり、ビンゴゲームをして元気に遊んでくれていました。

              P1080610.jpg

今日は夕方5時の鐘を、幼稚園児のKくんが撞いてくださり、とても良い音色が響いていました。

              P1080619.jpg

Kくん、どうもありがとうございました!

              P1080604.jpg

今日はとても肌寒くなりましたが、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくださり、みんなの元気な遊び声がお寺に響く、とても賑やかな嬉しい一日でした

                    P1080621.jpg

去る、9月23日(祝)に照光寺へお越しいただき、心癒される素敵な歌声をきかせていただきました、シンガーソングライター・やなせななさんが来る12月14日(火)に近畿地方のテレビ番組、読売テレビかんさい情報ネットten!にコメンテーターとして出演されます

◆12月14日(火) 読売テレビかんさい情報ネットten! 午後4時48分~午後7時

皆さま、ぜひご覧ください!

                  蜜柑(みかん) 
    


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。
---------
2010年12月24日発売予定 → 2011年1月22日(土)発売予定 *諸事情により、発売延期となりました
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!

    
                    琵琶湖周航の歌 
手紙
今日は綺麗な青空が広がり、日差しにも恵まれ過ごしやすい一日となりました

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080473.jpg

              P1080484.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは、今日も元気に咲いてくれています

              P1080477.jpg

              P1080474.jpg

今日、12月8日は仏教の開祖・お釈迦さまが悟りを開かれた日、つまり成道(じょうどう)の日です。

                  釈迦さん

クリック!→お釈迦さまについて

              お釈迦さま

照光寺では行っていませんが、この成道の日には、お釈迦さまが悟りを開かれたことをお祝いする成道会(じょうどうえ)という法要が各寺院で勤められています。


午前中は、内池地区のOさん宅

                  P1080463.jpg

内池地区のTさん宅の月参りに寄せていただきました。

                  P1080471.jpg


照光寺のご門徒さまのなかには、ガソリンスタンドを経営されている方がお二人おられ、今日はそのうちのお一人が経営されている、日野町河原地区のガソリンスタンドへ車の給油と洗車へお邪魔させていただきました。

              P1080504.jpg

店内には、店長のTさんが飼育されているめだかの水槽が置かれてあり、元気に泳いでいました。

              P1080508.jpg

                  P1080492.jpg

Tさん、今日はどうもありがとうございました!


今日も夕方になると、たくさんの子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

              P1080520.jpg

              P1080522.jpg

本堂のなかで塗り絵や、お絵かきをしたり、境内でフラフープをしたり、砂場遊びなどをして元気に遊んでくれていました。

              P1080524.jpg

夕方5時の鐘をみんなで撞いてくださり、とても良い音色が響いていました。

              P1080525.jpg

今日遊びに来てくれていた翔くんが、以前に行われた、照光寺での地域学習の際のお礼の手紙を渡してくれました。

              P1080534.jpg

              P1080537.jpg

翔くん、奈美ちゃん、友美ちゃん、どうもありがとうございました!

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響き渡る、とても賑やかな嬉しい一日でした

                      P1080519.jpg


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました


一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2010年12月24日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!


                      一粒の種~合唱~ 
尼講忘年会
暦のうえで大雪(たいせつ)となった今日は、冷たい北風が吹き、たいへん肌寒い一日となりました。

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080446.jpg

              P1080449.jpg

              P1080450.jpg


午前中は、内池地区のFさん宅の祥月命日勤行に寄せていただいました。

              P1080452.jpg

日野駅前でかめや薬品という薬局をされているFさん宅では、いつもチオビタドリンクを頂いています。

Fさん、いつもありがとうございます!


お昼前からは、年末恒例行事・尼講(あまこう)の忘年会が行われました。

              P1080440.jpg

              P1080442.jpg

はじめに、本堂にて正信偈(しょうしんげ)のお勤めをさせていただき、そのあと座敷にて、皆さまで一緒に食事をしていただきました。

              DSCF0303.jpg

              DSCF0302.jpg

食事のあとには、ゲームなどをしながら楽しいひとときを過ごしていただきました。

              DSCF0304_20101207183403.jpg

              DSCF0306_20101207183401.jpg

肌寒いなか、お越しくださいました尼講会員の皆さま、そして朝から準備をしていただきました役員の皆さま、今日はありがとうございました。そして1年間、尼講の行事にご参加いただき本当にありがとうございました!

 
午後からは、内池地区のNさん、

                  P1080458.jpg

Kさん宅の月参りにそれぞれ寄せていただきました。

              P1080462.jpg

今日はシチューや鍋物などが恋しくなる、とても肌寒い一日でした。

                     P1080445.jpg

    
                    やなせななさん 「シチュー」  


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2010年12月24日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!

    
                          童神 
熊手
今日は風もおだやかで、日差しがとても暖かく感じられる過ごしやすい一日となりました

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080368.jpg

              P1080369.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは、今日も元気に咲いてくれています。

              P1080390.jpg

              P1080386.jpg

朝、境内の掃除を始めようとすると、本堂の階段に熊手(くまで)が置かれていました。

              P1080371.jpg

毎年、年末のこの時期になると、どなたかが熊手を置いてくださっています。

この新しく頂いた熊手で、これまで以上にしっかりと掃除をして、お寺にお越しいただいた方々がほっと心癒され、安らいでいただけるような綺麗な境内にしていかないといけないなと、改めて感じさせられました。

どなたか分かりませんが毎年、新しい熊手を頂き、どうもありがとうございます


午前中は、内池地区のTさん宅

              P1080376_20101206180326.jpg

湖南サンライズ地区のNさん宅の月参りに寄せていただきました。

                  P1080380_20101206175047.jpg

午後からは、内池地区のFさん宅

                  P1080392.jpg

Kさん宅の月参りに寄せていただきました。

              P1080400.jpg


今日も夕方になると、たくさんの子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

              P1080409.jpg

境内で野球をしたり、ドッジボールなどをして元気いっぱいに遊んでくれていました。

              P1080416.jpg

夕方5時の鐘もみんなで撞いてくださり、とても良い音色が響いていました。

              P1080432.jpg

今日もみんなの元気な遊び声がお寺いっぱいに響き渡り、とても賑やかでした

              P1080427.jpg


夜には、東近江市・八日市地区のTさん宅の中陰(ちゅういん)法要にお参りさせていただきました。

                  P1080436.jpg
                  亡きKさんが趣味で作っておられた作品

お参りいただきましたご家族、親類の皆さま、今日は本当にありがとうございました!

                      P1080382.jpg


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2010年12月24日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!

    
                        涙そうそう 
逮夜米寄せ
今日は朝から綺麗な青空が広がり、風もおだやかで日差しに恵まれた過ごしやすい一日となりました

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080301.jpg

              P1080303.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは、今日も元気に咲いてくれています 

              P1080347.jpg


今日は朝から、年末恒例の逮夜米(たいやまい)寄せが行われました。

              P1080292.jpg

毎月、ご門徒さま宅へお参りさせていただく月参りのことを、照光寺ではお逮夜(たいや)参りと呼んでおり、ご門徒の皆さま方からの、この一年間のお逮夜参りの御礼として、年末のこの時期になると「お米」をお寺へ持ってきていただいています。

              P1080297_20101205185616.jpg

世話方(役員)のTさん、Kさんにお手伝いいただき、庫裏(くり)の玄関にて、お米の受け取り作業を行っていただきました。

              P1080298.jpg

お米を持ってきていただきましたご門徒の皆さま、お手伝いいただきました世話方のTさん、Kさん、今日は本当にありがとうございました!


午前中は、松尾地区のKさん宅の月参り(お逮夜参り)に寄せていただきました。

              P1080294_20101205190155.jpg

そのあと、内池地区のIさん宅の年忌法要(法事)にお参りさせていただきました。

              P1080306.jpg

お内仏(仏壇)の前で、お参りいただきましたご家族、親類の皆さまとともにお勤めをさせていただき、そのあと東近江市・蒲生岡本町の日本料理店、ますやさんにて、亡きNさんを偲びながら皆さまと一緒にお斎(おとき)を頂きました。

              P1080312.jpg

              P1080309.jpg

お参りいただきましたご家族、親類の皆さま、今日は本当にありがとうございました!


午後からは、日野町村井地区にあります真宗大谷派(お東)・晴明寺さまの報恩講(ほうおんこう)法要に参勤させていただきました。

              P1080317.jpg

              P1080318_20101205192537.jpg

晴明寺さまにはこれまで、永代経法要の法話のお取次ぎに寄せていただいていましたが、報恩講に参勤させていただくのは初めてとなりました。

              P1080319.jpg

              P1080320.jpg

午後1時半より勤行が始まり、今日は内陣に出仕させていただきました。

              P1080322.jpg

勤行のあとには、浄土真宗本願寺派(お西)・弘誓寺の奈数ご住職より法話のお取次ぎが行われました。

              P1080328.jpg

報恩講の「恩(おん)」という言葉についてのお話を中心として、ご自身の体験談などを交えながら、お話いただきました。

              P1080334.jpg

法話をお取次ぎしていただきました奈数さま、お参りくださいましたご門徒の皆さま、そして晴明寺・阿部ご住職さま、今日は本当にありがとうございました。


今日は日曜日ということで、一日を通してたくさんの子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

              P1080344.jpg

              P1080353_20101205195310.jpg

本堂の縁側で卓球をしたり、境内で野球をしたりして、元気に遊んでくれていました。

              P1080360.jpg

夕方5時の鐘をHくんが撞いてくれました。Hくん、どうもありがとうございました!

              P1080341_20101205195310.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響き渡る、とても賑やかな嬉しい一日でした

                    P1080366.jpg


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2010年12月24日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!

    
                      琵琶湖周航の歌 
頂きもの
今日は日差しに恵まれましたが、冷たい風が吹き、肌寒い一日となりました。

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080239.jpg

              P1080240.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは、日差しを浴びて今日も元気に咲いてくれています。

              P1080261.jpg

              P1080248.jpg


午前中は、遊具脇と駐車場脇の花壇にチューリップの球根の植え付け作業を行いました

                  P1080253.jpg

                  P1080271.jpg

厳しい冬の時期を経て、来春4月から5月頃には綺麗な花の姿が見れそうです。

                  P1080276.jpg

              P1080275.jpg

いまから開花がとても楽しみです!


今日は、ご門徒の皆さまから本当にたくさんのものを頂きました。

              P1080267.jpg

              P1080268.jpg

Mさん宅からは、畑で育てておられた大根と白菜を頂き、

              P1080270.jpg

Yさん宅からは、旅行のおみやげのエビを頂きました。

                  P1080284.jpg

また夕方には、関東地方・埼玉県に住んでおられるご門徒のTさんが照光寺を訪ねてくださり、埼玉名物のお菓子を頂きました。

Mさん、Yさん、Tさん、今日はどうもありがとうございました


いつもこうしてご門徒の方々や、地域の方々から様ざまなものを頂いており、本当にありがたいことです。

皆さま、いつも本当にありがとうございます!


夜には、照光寺仏教婦人会の年末恒例行事であります、忘年会が行われました。

最初に、本堂にて正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)のお勤めをしていただき、

              P1080290.jpg

そのあと座敷にて、仏教婦人会のこの1年間の活動報告が行われた後、皆さま一緒に食事をしていただきました。

仏教婦人会の皆さま、今日はどうもありがとうございました。そしてこの1年間、いろいろとお世話になり本当にありがとうございました!

                     P1080256.jpg


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2010年12月24日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!


    
              砂川恵理歌さん城間竜太さん 「安里屋ユンタ」 
冬のひまわり
今日は、ときおり激しい風雨となる荒れ模様のお天気の一日となりました

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080116.jpg

午前中は、内池地区のKさん宅の月参りに寄せていただきました。

                  P1080118.jpg

月参りを終えたあとには、東近江市・八日市地区のご門徒さま宅へ「照光寺だより」を配布させていただき、そのあとカメラのキタムラにて、フォトブックのレイアウトなどの製作作業を行い、店員の方に注文させていただきました。

              P1080120.jpg

              P1080232.jpg

フォトブックが出来上がるまでのあいだ少し時間がありましたので、お隣りの近江八幡市へと足をのばし、浄土真宗本願寺派(お西)の本願寺・八幡別院へお参りさせていただきました。

              P1080188.jpg

              P1080191.jpg

本堂前境内の両脇には宗祖・親鸞聖人中興の祖(ちゅうこうのそ)蓮如上人の大きな石像があります。

                  P1080192.jpg

                  P1080193.jpg

本堂内の外陣正面には、本願寺前門主・勝如上人から授与された「湖国法城」というご染筆の額字が掲げられています。

              P1080200.jpg

                  P1080195.jpg

皆さまも近江八幡へお越しの際はぜひ、本願寺・八幡別院へお参りください!

              P1080207.jpg

この本願寺・八幡別院のすぐそばには、映画のロケ地でもよく使われている観光スポット、八幡堀や、バームクーヘンでおなじみのクラブハリエ・和菓子のたねやが並ぶ、日牟禮ヴィレッジなどがあり、連日多くの観光客の方々で賑わっています。

              P1080203.jpg

              P1080219.jpg

雨模様のなかでしたが、久しぶりに近江八幡の風情あふれる町並みを散策することができました。


夜には、東近江市・八日市地区のTさん宅の中陰法要(ちゅういんほうよう)にお参りさせていただきました。

仏前には、亡きKさんがお好きだったクッキングパパの単行本が置かれていました。

                  P1080236.jpg

お勤めのあとご家族の方から、このクッキングパパにまつわるKさんの思い出話を聞かせて頂きました。

いまでも、この本をみるたびKさんのことが想いだされてくるそうです。

ご家族、親類の皆さま、今日はお忙しいなか中陰法要にお参りいただき本当にありがとうございました。

 
              P1080234.jpg
              ↑ご門徒のKさんが育てておられるグッドスマイルひまわり

肌寒くなってきましたが、元気に綺麗な花を咲かせてくれています

                     P1080119.jpg

    
                  やなせななさん 「冬のひまわり」 


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2010年12月24日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!


                         笑(えみ) 


映雪読書(えいせつどくしょ)
今日は南風が強く吹き、日差しに恵まれ、比較的暖かな陽気となりました。

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080080.jpg

              P1080086.jpg

山門のモミジは、真っ赤に色づいています

              P1080081.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは、今日も元気に咲いてくれています

              P1080105.jpg

              P1080108.jpg


午前中は、東近江市五個荘町にあります淡海書道文化専門学校書道の稽古に行ってきました。

              P1080089.jpg

              P1080088.jpg

今日も奥平朋子先生より、筆の扱いや運び方、字の角度やバランスなどを指導していただきました。

              P1080087.jpg

今月の課題は、「映雪読書(えいせつどくしょ)」 雪に映じて書を読む

                  P1080096.jpg

雪に反射する光をたよりに書物を読む、貧苦の中で学問に励むことのたとえを表しています。

                  P1080113.jpg
                   ↑奥平先生の描かれた絵手紙  

奥平先生、今日も本当にありがとうございました!

                     P1080110.jpg

    
                    やなせななさん「蜜柑(みかん)」 


砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。

---------
2010年12月24日発売予定
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!


皆さまぜひご覧ください!

    
                              「ひかり」