FC2ブログ
プロフィール

KENSHIN  

Author:KENSHIN  
照光寺ブログへようこそ!
滋賀県日野町・照光寺の副住職
花木信(法名・釋憲信)です。
照光寺についての様々な出来事を掲載していきたいと思います。


照光寺やなせななさんコンサート
♪「さくら」

照光寺のブログ内を検索する

検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリックしてください。

照光寺日記のカテゴリー

お好きなテーマを選んでください!

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の時刻

照光寺
滋賀県日野町照光寺のブログです
ありがとうございました
今日は日差しに恵まれ、風も穏やかな過ごしやすい陽気となりました

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         DSCN0176.jpg

日差しの恵みを受けて、境内の水仙(スイセン)は今日も綺麗な花を咲かせてくれています。

         DSCN0177.jpg


今年もあともう少しで終わろうとしています。

この一年間も多くの方々に照光寺へ足を運んでいただきました。

これからもご門徒さまはもちろん、老若男女だれもがいつでも気軽に足を運べて心癒され元気になれるお寺、人と人との温かい触れ合いを通して親しみが感じられる、そんなお寺でありたいなという願いとともに、これからも副住職として皆さまとともに歩んでいきたいと思います。

報恩講や永代経などの定例行事にお参りいただいたご門徒の皆さま、仏教文化講座でご縁をいただき照光寺へお越しいただきました皆さま、いつも遊びに来てくれている子どもの皆さん、様々なご縁をいただきお出会いさせていただきました皆さま、そしてこの日記(ブログ)をご覧くださっている皆さま、改めてこの1年間、本当にありがとうございました!

                  P1170596_20110731205641.jpg

スポンサーサイト



本堂の荘厳
今日は冷たい北風とともに小雪の舞う、たいへん肌寒い陽気の一日となりました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         DSCN0164.jpg

駐車場脇花壇の椿(ツバキ)は、今日も元気に咲いてくれています。

         DSCN0168.jpg


月末ということで、今日は日野町各地区のご門徒さま宅へ、お寺の新聞・「照光寺だより」をそれぞれ配布させていただきました。

         DSCN0162.jpg
           ↑日野町・村井地区のご門徒さま宅のカエルの置物

本堂の荘厳(おかざり)も、今年最後の本堂でのお勤めとなる明日の夕方の「歳末昏時(さいまつこんじ)勤行」と、新年の最初のお勤めとなる元日の朝の「修正会(しゅしょうえ)」に向けての準備がほぼ終了しました。

         DSCN0172.jpg
                  ↑本堂の荘厳(おかざり)の様子

明日の大晦日の夜には、恒例の除夜会(じょやえ)が開催されます。

午後10時より本堂内にて、年越しそば・うどん、甘酒や年酒などの接待などをはじめ、正信偈(しょうしんげ)の書写なども行っていただけます。

除夜の鐘撞きは、境内の鐘撞堂にて午後11時頃より撞き始めます。

ご門徒さまはもちろん、どなたでもご参加いただけますので、皆さまのお越しをお待ちしております

                  DSCN0170.jpg

おかげさま
今日は寒さが和らぎ、日差しの温もりが感じられる陽気の一日となりました

             *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         DSCN0154.jpg

日差しの恵みを受けて、境内の水仙(スイセン)は今日も元気に咲いてくれています。

         DSCN0155.jpg


今日は午後から、東近江市・八日市地区のNさん宅の中陰法要、内池地区のNさん宅の月参りにそれぞれお参りさせていただき、年内のお参りも、あと1軒を残すのみとなりました。


今日12月29日は、この日記(ブログ)を始めた日でもあり、早いもので2年が経ちました。

こうして日記(ブログ)を続けてこられたのも、いつもお世話になりご縁を戴いている多くの方々のおかげさまでもあります。

これからも照光寺での出来事や風景、仏教についての様ざまなことなどを、この日記(ブログ)を通して発信していきたいと思います。

         P1110096.jpg

今日もこの日記(ブログ)をご覧にお越しくださりありがとうございました!

そしてこれからもよろしくお願いいたします

                   DSCN0161.jpg

托鉢
今日は冷たい風がおさまり、過ごしやすい陽気の一日となりました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         DSCN0148.jpg

境内の椿(ツバキ)は、今日も綺麗な花を咲かせてくれています。

         DSCN0152.jpg


仏教の修行の一つに、托鉢があります。

托鉢は、頭陀(ずだ)行とも乞食(こつじき)ともいい、釈尊以前からインドにあった修行生活で、当時の教団にも採用されていました。現在でも仏教を信じる各国で托鉢が修行されています。

           タイの托鉢僧 
                      ↑タイの托鉢の様子

托鉢にはいろいろな規定があり、托鉢は午前中に限ることや、生命を支えるに足るだけを受け、それ以上を乞食してはならぬこと、在家に迷惑をかけないことなど作法も厳しくきめられています。

布施をするという行為、布施を受けるという行為、布施された品にはこだわらないという托鉢の基本精神を表す、三輪空のこころを大切にしていきたいものです。

                   DSCN0146.jpg


知恩院の鐘
今日も冷たい空気に覆われ、小雪や雨の降りつづく肌寒い一日となりました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         DSCN0136.jpg

境内の水仙(スイセン)は、今日も元気に咲いてくれています。

         DSCN0139.jpg

今日は、京都市東山区の浄土宗総本山・知恩院にて、大晦日の本番を前に除夜の鐘の試し撞きが行われました。

長さ約4メートルの撞木から下がる親綱を引く1人の僧が「えーいひとつ」と掛け声を上げると、子綱を手にした16人が一斉に綱を引き「そーれ」と合図し、親綱にあおむけの姿勢でぶら下がった僧が鐘を打ち突けると「ゴーン」という荘厳な音が古都の冬空に響き渡りました。

         知恩院 鐘
                    ↑今日の試し撞きの様子

重要文化財にも指定されている知恩院の鐘は、1636(寛永13)年の鋳造で、高さ約3・3メートル、口径約2・8メートル、重さ約70トンという国内最大級の鐘で、奈良の東大寺、京都の方広寺と並び、日本三大梵鐘の一つでもあります。

知恩院で除夜の鐘が始まったのは1930(昭和5)年からで、NHKのラジオ中継の要請に答える形で始めたといわれていて、それまでは、宗祖・法然上人の命日に行う「御忌法会」が始まる前に鳴らすだけだったそうです。


               ↑2009年の試し撞きの様子

大晦日の風物詩でもある除夜の鐘撞きは、全国各地の寺院で行われます。

                 DSCN0141.jpg



甲賀もちふる里館
今日も寒気の影響で冷たい北風とともに小雪の舞う、たいへん厳しい寒さの一日となりました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         DSCN0100.jpg

駐車場脇花壇の椿(ツバキ)は、今日も元気に咲いてくれています。

         DSCN0102.jpg


照光寺の所在地・日野町の隣町、甲賀市・小佐治地区には、甲賀もちふる里館という施設があります。

         DSCN0105.jpg

甲賀市・小佐治地区は粘土質の土壌で、地元産の滋賀羽二重糯を使った餅は、粘りの良さときめ細かさが特長で、そんなもち米を地域おこしの中心にしようと建設されたのが「甲賀もちふるさと館」です。

小佐治の地域は600万年前までは琵琶湖の湖底であったため水田が強い粘土質になっており、この粘土質の水田が良質のもち米を育てているといわれています。

         DSCN0108.jpg

         DSCN0118.jpg

館内のもちもちハウスには、ぜんざい、つきたて餅などが頂ける軽食コーナーや、看板商品のよもぎあん餅などの販売コーナーが設けられています。

              DSCN0131.jpg

            よもぎもち

お近くに行かれた際は、「甲賀もちふる里館」へぜひ足をお運びください!

「甲賀もちふる里館(甲賀もち工房)」
★住所 甲賀市甲賀町小佐治2121-1 *地図は→コチラ
★電話 0748-88-5841
★営業 8:30~17:30 もちもちハウスは10:30~18:00 
★定休 月曜(祝日を除く) 12月は休まず営業 
★ホームページは→コチラ


今日も夕方5時の鐘を、お寺へ遊びに来てくれた子どもさんたちが上手に撞いてくれました。

         DSCN0135.jpg

今日も肌寒いなか 子どもさんたちの元気な遊び声がお寺に響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

                     DSCN0097.jpg

炬燵(こたつ)
今日は強い北風が吹き、たいへん厳しい寒さの一日となりました。

         DSCN0079.jpg

日差しの恵みを受けて、境内の水仙(スイセン)は今日も綺麗な花を咲かせてくれています。

         DSCN0081.jpg


今日は午前中に、内池地区のMさん宅、Kさん宅の月参り、午後からは東近江市・八日市地区のNさん宅の中陰法要にそれぞれお参りさせていただきました。

              P1250873.jpg
                    ↑Kさん宅のお内仏(仏壇)


今年の冬は節電の影響もあって、炬燵(こたつ)が見直されていますが、この炬燵は仏教と関わりがあるといわれています。

炬燵は、中国に渡って仏教を学んでいた禅宗の僧侶によって日本にもたらされ、当時の舶来文化の一つだったようです。

室町時代、消えかけの炭に「紙子(かみこ)」という紙で仕立てた服を被せ、その上にやぐらを置いて布団をかけ、暖を取ったのが炬燵の始まりだとされています。

昭和30年頃からは、それまで主流だった炭が熱源の炬燵から電気炬燵へと移行し、現在に至ってます。

                コタツ

また、炬燵によく似た行火(あんか)も禅宗の僧侶によって日本にもたらされ、広く一般化していったといわれています。

「行」とは旅をしたり持ち運んだりする意味がありますので、炭火を入れて手足を暖める可動式の道具が「行火」となります。

置き炬燵の一種とも言えますが主に一人用で、小型で火持ちの良いことから、湯たんぽと同じように布団の中に入れ、寝るときの暖房としてよく用いられました。

燃料は炬燵と同じ木炭や炭団(たどん)が主で、後に豆炭(まめたん)などが使われるようになり、最近では電気行火が主流となってきています。

               行火
                        ↑行火(あんか)

寒い冬には欠かせない暖房器具でもある炬燵や行火を上手に活用して、今年の節電の冬を乗り切っていきたいものです。

                    DSCN0090.jpg

寒苦鳥
今日は日差しに恵まれましたが、冷たい空気に覆われた肌寒い陽気となりました。

         DSCN0062.jpg

今日は午前中に、日野町・松尾地区のKさん宅の月参り、内池地区のKさん宅の中陰法要にそれぞれお参りさせていただきました。

              P1170969_20110424215811.jpg
                  ↑Kさん宅の手作りポストカード


毎日肌寒い陽気が続いていますが、仏教の説話に「雪山の寒苦鳥(せっせんのかんくちょう)」と言うお話があります。

雪山とはインド最北部の高い山脈(ヒマラヤ山脈)のことを指し、その雪山に寒苦鳥という鳥が生息していました。
寒苦鳥は寒さのためにいつも夜通し悲しんで鳴きながら、「夜が明けたら、夜間の寒さに耐えられる巣を作ろう」と決意します。
ところが夜が明けて暖かい日射しが降り注いでくると、夜の厳寒の苦しみを忘れてしまい、巣を作る事もしないで、うとうとと眠りこけてしまいます。
そして夜になるとまた厳しい寒さのために苦しみ、「明日こそ、夜が明けたら巣を作ろう」と夜通し鳴くのです。
しかし、夜が明けるとまた、暖かい日射しにうとうとと・・・。


こうやって来る日も来る日も巣を作る事をせずに、結局、生涯厳しい寒さに泣き続けたという説話です。

         寒苦鳥 画像
                ↑コチラの画像は雷鳥(ライチョウ)です

夜には「夜が明けたら巣を造ろう」と鳴き、昼には「無常の身だから巣など必要ない」と鳴く寒苦鳥を仏教では、人間のなまけ心や仏道を求めない心に譬えられています。

年末でなにかと用事が重なり忙しいこの時期には、この寒苦鳥のお話が身につまされてきます。


今日も肌寒いなか遊びに来てくれた子どもさんたちが、本堂内の部屋で習字のお稽古などをして過ごしてくれていました。

         DSCN0068.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺に響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

                  DSCN0076.jpg

習字のお稽古
今日は強い寒気の影響で小雪が舞う、肌寒い陽気の一日となりました。

             *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         DSCN0057.jpg

参道脇の水仙(スイセン)は、今日も元気に咲いてくれています。

         DSCN0056.jpg


今日は午後から、内池地区のKさん宅の月参りに寄せていただきました。

         DSCN0060.jpg
                   ↑Kさん宅のお内仏(仏壇)


本堂内の部屋で書道の稽古をしていると、遊びに来てくれた子どもさんたちも一緒に習字のお稽古などをして過ごしてくれていました。

         DSCN0052.jpg

肌寒いなか、今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺に響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

                   DSCN0059.jpg

餅つき
今日は薄雲に覆われ、肌寒い陽気の一日となりました

         DSCN0041.jpg

駐車場脇花壇のツバキは、今日も元気に咲いてくれています。

         DSCN0046.jpg

午前中は、内池地区のTさん宅の月参りに寄せていただきました。

              P1280233.jpg
                    ↑Tさん宅のお内仏(仏壇)

今日は、滋賀県彦根市の国宝・彦根城で、人気キャラクター「ひこにゃん」もお手伝いして、年末恒例の餅つきが行われました。

午前9時半から彦根城の天守前広場で行われた餅つきには、今年も職員に交じって、ひこにゃんがお手伝いに駆けつけました。動画は→コチラ

         餅つき_edited-1
                       ↑餅つきの様子

つきあげられた餅は、きな粉餅にして、ひこにゃんから観光客に振る舞われた他、鏡餅として天守閣に飾られることになります。

ちなみに、ひこにゃんは白くて丸みのある体型からファンの方々の間では「餅」と呼ばれているそうです(^_^)

                   DSCN0044.jpg

充実した学び
今日は日差しに恵まれ、風も穏やかな過ごしやすい陽気となりました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         DSCN0010.jpg

日差しの恵みを受けて、境内の水仙(スイセン)は今日も綺麗な花を咲かせてくれています。

              DSCN0016.jpg


午前中は、内池地区のTさん宅の月参りに寄せていただきました。

              DSCN0004.jpg
                    ↑Tさん宅のお内仏(仏壇)


午後からは、東近江市・五個荘町の淡海書道文化専門学校へ、今月の検定課題作品の提出に行ってきました。

         DSCN0021.jpg

淡海書道文化専門学校で書道を学び始めてから、もうすぐ2年になろうとしています。

毎週木曜日に奥平朋子先生より添削指導をしていただき、一緒に学ばせていただいている皆さんにもアドバイスなどをいただいたりと、とても充実した書道教室での学びとなりました。

              DSCN0019.jpg
                  ↑奥平先生より頂いた絵手紙

夢であり目標でもある照光寺での習字教室に向けて、これからも日々書道の稽古を重ねていきたいなと思います。

ご一緒に学ばせていただきました別科コースの皆さま、そして毎週ご丁寧に指導していただきました奥平先生、一年間、本当にありがとうございました

                   DSCN0038.jpg

本山すす払い
今日は薄雲に覆われ、冷たい風の吹く肌寒い陽気となりました

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300750.jpg

駐車場脇花壇のツバキは、今日も元気に咲いてくれています。

         P1300748.jpg

午前中は、ご門徒さまへ贈呈させていただく結婚記念の念珠を買い求めに京都へ足を運んできました。

         P1300766.jpg

照光寺も昔から代々お世話になっています、福永念珠舗さまを訪れました。

店員さんにいろいろと教えていただきながら、婚礼用の念珠を選ばせていただきました。

              P1300762.jpg

福永念珠舗さま、今日はどうもありがとうございました!

         P1300756_20111220194306.jpg
                ↑京都・東本願寺の御影堂(ごえいどう)

今日、照光寺の属する真宗大谷派(お東)の本山、京都・東本願寺では、年末恒例の「すす払い」が行われました。

         すす払い
                ↑京都・東本願寺でのすす払いの様子

真宗大谷派(お東)の本山、京都・東本願寺で行われたすす払いの様子の動画は→コチラ

午前9時より御影堂にて、ご門徒や僧侶の約150人が横一列に並んで整然と畳をたたき、1年間にたまったほこりを竹の棒や大型のうちわで払われました。

このすす払いは、本願寺中興の祖・蓮如上人の時代から500年以上続く伝統行事で、京都・東本願寺だけでなく、浄土真宗本願寺派(お西さん)のご本山・本願寺(西本願寺)でも毎年、12月20日に行われています。

            煤払い お西さん
                 ↑西本願寺でのすす払いの様子

浄土真宗本願寺派(お西さん)のご本山、本願寺(西本願寺)でのすす払いの様子の動画は→コチラ

歳末恒例行事のすす払いを終え、東西本願寺も新年を迎える準備が整い始めています。


午後からは、日野町・大窪地区のKさん宅、内池地区のJさん宅の月参りにそれぞれお参りさせていただきました。


今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました(^.^)

         P1300768.jpg

本堂内の部屋で、消しゴムはんこ作りや携帯ゲームなどをしながら過ごしてくれていました。

夕方5時の鐘も上手に撞いてくれました。

         P1300771.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺に響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

                  P1090204_20110520214559.jpg


幻想的な光景
今日は綺麗な青空が広がり、日差しの温もりが感じられる陽気となりました

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300618.jpg

日差しの恵みを受けて、参道脇の水仙(スイセン)は今日も綺麗な花を咲かせてくれています。

              P1300623.jpg

午前中は、大窪地区のTさん宅の年忌法要にお参りさせていただきました。

              P1300616.jpg
                    ↑Tさん宅のお内仏(仏壇)


お昼は、幼馴染のMくんがお父さまと一緒に板前として頑張っている、内池地区の乙菊(おとぎく)さんへお邪魔させていただきました。

         P1300626.jpg

今日は、乙菊さん特製の海鮮ちらし寿司を頂きました。

お寿司屋さんならではの新鮮な海の幸(いくら、ボタンエビ)と旬の魚がたっぷりのった、とても美味しいちらし寿司です(*^_^*)

         P1300633.jpg

食後には、盛り合わせがとても綺麗で味も抜群の自家製デザートを頂くことができます。

         P1300636.jpg

美味しい食事を頂きながらMくんと様ざまな会話を交わしながら、ゆっくりとしたお昼のひと時を過ごすことができました。

乙菊さま、今日はご馳走になりありがとうございました

              乙菊さんチラシです153
                 ↑Mくん手作りの新しいチラシです

お近くに来られた際はぜひ、乙菊さまへお立ち寄りください!

乙菊(お寿司 会席料理 仕出し) 

所在地・・・滋賀県蒲生郡日野町内池1010-2 地図は→ コチラ
アクセス・・・公共交通機関 JR琵琶湖線「近江八幡駅駅」下車 バス 38 分
近江鉄道・・・「日野駅」下車 徒歩 10 分
駐車場・・・・普通車7台
営業時間 ・・・お昼 午前11時半~午後2時*お昼メニューは平日のみ 
         夕食 午後5時~午後9時30分
定休日・・・・水曜日
お問い合せ・・TEL:0748-53-0807



午後からは、はじめに内池地区のKさん宅の月参りに寄せていただき、そのあと甲賀市・水口町のいと源パソコンスクールさんへパソコン本体や、ホームページ・ブログなどについて、いつもお世話になっているAさんにいろいろと相談に乗っていただきました。

いと源パソコンスクールのAさん、今日は本当にありがとうございました!


今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました(^^)

元気に遊んでくれていた合間に、みんなで参道脇の石碑前の草刈り作業をしてくれました。

         P1300639.jpg

お蔭さまでとても綺麗になりました(^_^)

子どもの皆さん、どうもありがとうございました

夕方には内池地区のTさん宅の月参りに寄せていただき、夜には日野町・河原地区のKさん宅の百カ日法要にそれぞれお参りさせていただきました。

         P1300746.jpg
               ↑日野町・上野田地区のイルミネーション

お参りの帰り道に見かけた、冬の夜空に輝くイルミネーションの幻想的な光景に心が癒されました。

                  P1280039.jpg



年度末勘定会議
今日は日差しに恵まれましたが、冷たい北風が吹く肌寒い陽気となりました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300611.jpg

日差しの恵みを受けて、庫裏(くり)の玄関前に置いている、ご門徒さまから頂いたカネノナルキ(金のなる木)は日々成長してくれています。

         P1300612.jpg
                       ↑カネノナルキ

午前中は、内池地区のKさん宅の中陰法要にお参りさせていただきました。

              P1300614.jpg
                 ↑Kさん宅の仏前に置かれていた花

午後からは座敷にて、恒例行事の「年度末勘定会議」が開催されました。

         P1300615.jpg
                    ↑年度末勘定会議の様子

照光寺の世話方(役員)の皆さまにお集まりいただき、今年度に実施させていただいた事業(法要や行事)の経過報告や、会計決算の収支報告などが行われました。

お忙しいなか、ご参加いただきました世話方の皆さま、今日は本当にありがとうございました。

                  P1220247.jpg


アバタもえくぼ
今日は朝から雪が降り、山門や本堂の屋根が薄っすら白くなっていました。

             *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300586.jpg

照光寺の所在地・日野町も今日が初雪となりました

         P1300589.jpg

参道脇の水仙(スイセン)は、今日も元気に咲いてくれています。

         P1300594.jpg


午前中は、内池地区のMさん宅の月参り、Iさん宅の中陰法要にそれぞれお参りさせていただきました。

         P1300599.jpg
                    ↑Mさん宅のお内仏(仏壇)


私たちが日ごろ用いている慣用句には、仏教から生まれたものがいくつかありますが、「アバタもえくぼ」という言葉もそのうちの一つとして知られています。

「アバタ」は、天然痘にかかって治ったあとに、小さなくぼみのように残るあとで、恋する者の目には、相手のアバタでもえくぼのように見えて、ひいき目で見れば、どんな欠点でも長所に見えるということのたとえとして用いられていますが、もともとこの「アバタ」という言葉は、サンスクリット語の「アルブタ」の音写で、腫れ物や水泡という意味で、仏典にも出てくる言葉です。

         地獄
                      ↑八寒地獄の様子

仏教で説かれる八寒地獄の一つに、阿浮陀(あぶだ)地獄があります。

嘘をついたり、悪口を言ったり、聖者を軽蔑する言葉を吐いた者が落ちる阿浮陀地獄はたいへん厳しい寒さのため、身体中に腫れ物ができ、たいへんな苦しみを味わうとされています。

このアルブタ・阿浮陀が「アバタ」となり、天然痘のあとに残る痕跡の意味となりました。


今日も夕方5時の鐘を、遊びに来てくれた子どもさんが上手に撞いてくれました(^_^)

         P1300609.jpg

Yちゃん、どうもありがとうございました

                  P1300598.jpg

日野菜
今日は寒気の影響で冷たい風が吹き、たいへん肌寒い陽気の一日となりました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300549.jpg

駐車場脇花壇の椿(ツバキ)は、今日も元気に咲いてくれています。

         P1300553.jpg

今日は内池地区のご門徒のTさんが、自宅で栽培された日野菜を持って来てくださいました。

              P1300578.jpg
                    ↑Tさんより頂いた日野菜

照光寺の所在地・滋賀県日野町に伝わる伝統野菜でもある日野菜は、カブラの仲間ですが、丸くなく、細い大根のような円筒形の形をしていて、根の地表部は紫紅色で、地下部は白色という綺麗な野菜です。
 
室町時代、領主の蒲生貞秀が、日野町・鎌掛地区の観音堂に参拝された時に、根が紅白色に分かれた野生菜を発見しました。

            日野菜さくら漬け
                      ↑日野菜のさくら漬

漬物にしてみると桜の花のような綺麗な色になり、京都の
飛鳥井雅親という公家さんに贈ったところ、その公家さんから、時の後柏原天皇にも献上され、天皇もお喜びになられて「近江なるひものの里のさくら漬 これぞ小春のしるしなるらん」という歌が贈り返されてきました。

これ以来、この菜を「日野菜」、この菜の漬物を「さくら漬」と呼ぶようになったといわれています。

今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました(^.^)

         P1300570.jpg

肌寒いなか、境内でドッジボールなどをしながら元気に遊んでくれていました。

         P1300573.jpg

夕方5時の鐘も上手に撞いてくれました。
         
         P1300575.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺に響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

                   P1300577.jpg

生前の面影
今日は薄雲の合間から日差しに恵まれ、過ごしやすい陽気に一日となりました

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300496.jpg

         P1300498_20111217211524.jpg

参道脇の水仙(スイセン)は、今日も綺麗な花を咲かせてくれています。

         P1300497.jpg

今日は木曜日ということで、東近江市・五個荘町の淡海書道文化専門学校へ書道の稽古に行ってきました。

         P1300499.jpg

         P1300504.jpg
                  ↑学校の庭に咲いていたタンポポ         

今日も奥平朋子先生より、今月の楷書の検定課題・「冬日可愛(とうじつはあいすべし)・・・冬の日もまた親しむべきである」と、

              P1300502_20111217211612.jpg

高島市で習字教室をされているWさんより頂いた、小学生の子どもさんたちを指導するための検定課題・「ふで」をもとにそれぞれ添削指導をしていただきました。

              P1300501.jpg
            
始筆や収筆、転折やハネといった基本的な筆の扱いの大切さや、文字線の太さや角度、筆の穂先の向き、筆圧の加え方や身体全体で文字を書く意識の大切さなどを指導していただきました。

         P1300500_20111217211712.jpg
                     ↑今日の教室の様子

いつもお寺に遊びに来てくれている子どもさんたちと一緒に書を学んでいけるような、本堂での習字教室という夢と目標に向けて、これからも日々書道の稽古に励んでいきたいと思います。

              P1220529.jpg
                  ↑奥平先生より頂いた絵手紙

奥平先生、今日もご丁寧に指導いただき本当にありがとうございました!

書道の稽古を終えてから、東近江市・八日市地区のご門徒さまのNさんの葬儀式にお参りさせていただきました。

         P1300505.jpg
                       ↑勤行の様子

優しくて穏やかな表情のNさんの遺影の前でお勤めをさせていただきながら、毎月のお参りでいつもご一緒に大きな声で正信偈(しょうしんげ)を勤めてくださり、お勤めのあとには様ざまなお話を聞かせてくださっていた亡きNさんの生前の面影が思い浮かんできました。

Nさん、本当にありがとうございました。

午後からは、内池地区のTさん宅の月参りに寄せていただきました。

         P1300512.jpg
                      ↑Tさん宅の額絵

今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました(^^)

         P1300536_20111217211933.jpg

境内で遊具遊びをしたり、鬼ごっこなどをしながら元気に遊んでくれていました。

         P1300540_20111217212005.jpg

夕方5時の鐘も上手に撞いてくれました。

         P1300542_20111217212119.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺に響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

                   P1270643.jpg




諷経(ふぎん)
今日は一日を通して綺麗な青空が広がり、暖かく過ごしやすい陽気となりました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300240.jpg

         P1300239.jpg

駐車場脇花壇のツバキは、今日も元気に咲いてくれています。

         P1300242.jpg

午前中は、内池地区のKさん宅の月参りに寄せていただきました。

              P1300235_20111214195451.jpg
                    ↑Kさん宅のお内仏(仏壇)

お昼からは、JAグリーンホール日野さんにて行われた内池地区のYさんの葬儀式へお参りさせていただきました。

Yさん宅は、日野町・三十坪地区の浄土真宗本願派(お西さん)の清徳寺ご門徒さまということで、照光寺のご門徒さまではありませんが、同じ内池地区ということで今日は諷経(ふぎん)という形でお参りさせていただきました。

         P1300280.jpg
                       ↑勤行の様子

同じ浄土真宗でも、照光寺の属する真宗大谷派(お東)とは装束(衣)や勤行の唱え方や作法などが異なっていますので、今日はいろいろと学ばせていただくことができました。

お参りいただきましたご家族、親類、地域の皆さま、今日は本当にありがとうございました。

今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました(^.^)

         P1300471.jpg

境内で遊具遊びをしたり、本堂でビンゴゲームなどをしながら元気に遊んでくれていました。

         P1300476.jpg

夕方5時の鐘もみんなで上手に撞いてくれました。

         P1300493.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

         P1300479.jpg

                  P1270489.jpg

日向ぼっこ
今日は風も穏やかで日差しにも恵まれ、暖かい陽気の一日となりました

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300209.jpg

         P1300211.jpg

日差しの恵みを受けて、境内の水仙(スイセン)は今日も綺麗な花を咲かせてくれています。

         P1300220.jpg

午前中は、内池地区のUさん宅、Iさん宅の月参りにそれぞれ寄せていただき、

         P1300205.jpg
           ↑日向ぼっこをしている、Uさん宅の愛犬・アトムくん

午後からは、内池地区のTさん宅の月参り、Iさん宅の中陰法要にそれぞれお参りさせていただきました。

              P1300214.jpg
                    ↑Tさん宅のお内仏(仏壇)

今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました(^^)

         P1300229.jpg

本堂内の一室で、習字のお稽古などをしながら過ごしてくれていました。

夕方5時の鐘も上手に撞いてくれました。

         P1300230.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺に響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

                   P1300221.jpg



大掃除
今日は一日を通して薄雲に覆われ、肌寒い陽気となりました

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300132.jpg

         P1300148.jpg

本堂前テラコッタのビオラは、今日も元気に咲いてくれています。

         P1300150.jpg

今日は午前中に、内池地区のOさん宅の月参りに寄せていただき、そのあと照光寺のすぐそばに位置する日野駅のトイレの大掃除を、所属している「内池クリーンクラブ」の皆さまとともに行いました。

         P1300158.jpg
                       ↑日野駅の駅舎

日野駅のトイレは毎日、内池クリーンクラブに所属する56名の会員の皆さまによって順番に清掃活動がされていて、今日は一年に一度の大掃除ということで、普段は行っていない高い場所の埃(ほこり)を掃ったり、壁の拭き掃除などを中心に約1時間ほど大掃除を行い、清々しい綺麗なトイレとなりました。

         P1300145.jpg
                       ↑大掃除の様子

内池クリーンクラブ会員の皆さま、今日はお疲れさまでした

今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました(^.^)

         P1300163.jpg

肌寒いなか、境内で鬼ごっこなどをしながら元気に遊んでくれていました。

夕方5時の鐘も上手に撞いてくれました。

         P1300201.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺に響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

                  P1300147.jpg

煤払い
今日は朝から綺麗な青空が広がり、日差しに恵まれた過ごしやすい陽気となりました

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300101.jpg

         P1300104.jpg

日差しの恵みを受けて、境内の水仙(スイセン)は今日も綺麗な花を咲かせてくれています。

         P1300098.jpg

午前中は、内池地区のIさん宅の月参り、Kさん宅の中陰法要にそれぞれお参りさせていただきました。

              P1300100.jpg
                    ↑Iさん宅のお内仏(仏壇)

午後からは、年末恒例行事の本堂煤払い(すすはらい)が行われました。

         P1300113.jpg

約60名のご門徒の皆さまにご協力いただき、本堂の高所に積もっていた一年間の煤(すす)や埃(ほこり)を払っていただき、お蔭さまでたいへん綺麗な本堂になりました。

         P1300117.jpg

ご門徒の皆さま、今日はお世話になり本当にありがとうございました!

今日も夕方5時の鐘を、遊びに来てくれた子どもさんが上手に撞いてくれました(^_^)

         P1300130.jpg

Iくん、どうもありがとうございました

                  P1300120.jpg

坂本の街並み
今朝は厳しい冷え込みであたり一面が霜で覆われ、日中も肌寒い陽気となりました。

             *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300094.jpg

         P1300093.jpg

境内脇花壇のツバキは、今日も元気に咲いてくれています。

         P1300091.jpg


午前中は、大津市・浜大津地区のご門徒さまのKさん宅の中陰法要にお参りさせていただきました。

         P1300087.jpg
                  ↑Kさん宅そばからの琵琶湖の風景

Kさん宅の中陰法要を終えたあと、すぐそばにある佐知's Pocketさんに立ち寄ってきました。

         P1290862.jpg

様ざまなお菓子やお惣菜を製造、販売されている佐知's Pocketさんは、照光寺と同じ真宗大谷派(お東)の等正寺さまの庫裏(くり)にあります。

         P1290860_20111210201643.jpg

このたび佐知's Pocketさんは、近くの丸屋町商店街のなかに新店舗を開店されることになりました。

         P1290866_20111210203528.jpg
                     ↑町屋造りの新店舗

町屋造りの新たな店舗は、来週12月15日(木)オープンということで、今からとても楽しみです(^_^)

               佐知さん152
                     ↑開店案内のチラシ

今日は、比叡山の麓に位置する坂本地区を訪れてきました。

         P1290877.jpg
                      ↑西教寺山門

まずはじめに、天台真盛宗(天台宗の一派)の総本山・西教寺にお参りしてきました。

         P1290902.jpg
                      ↑西教寺本堂

聖徳太子によって創建された西教寺は、延暦寺中興の祖・元三大師・良源や、横川の恵心僧都・源信が庵を結んで戒律(かいりつ)・念仏(ねんぶつ)の修行道場となり、現在に至るまで1日も絶えることなく念仏が唱え続けられています。

         P1290919.jpg
                    ↑西教寺参道のモミジ

天台宗の総本山・延暦寺の門前町として栄えた坂本地区には約50ヵ寺の里坊があります。

         P1290929.jpg
                     ↑旧竹林院入り口

         P1290936.jpg
                       ↑旧竹林院の庭園

里坊は、山上での修行を終えた老僧に与えられた坊舎で、いずれの里坊にも自然石を用いたり、借景などの趣向を凝らしたみごとな庭園があり、サツキ、紅葉、苔などが美しい色合いを見せています。

         P1300008.jpg
                  ↑芙蓉園(ふようえん)本館入り口

         P1300028.jpg
                     ↑芙蓉園本館の庭園

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている坂本地区は、穴大衆(あのうしゅう)と呼ばれる城の石垣などを作った石工集団の出身地でもあり、里坊の石垣は自然石を巧みに積み上げた堅固(けんご)なもので、白壁の塀と調和してしっとりと落ち着いた雰囲気を漂わせています。

         P1290983.jpg
                    ↑坂本地区の街並み↓
         P1290996.jpg

坂本地区の里坊のなかでも、ひときわ背の高い石垣と白壁に囲まれて堂々とした構えを見せているのが、滋賀院門跡です。

         P1290978.jpg
                      ↑滋賀院門跡・主門

江戸時代末まで天台座主となった皇族代々の居所であった滋賀院門跡は、天台宗の総本山・延暦寺の本坊として高い格式を誇っています。

         P1290971_20111210211619.jpg
                     ↑滋賀院門跡・庫裏

              P1290969.jpg
                ↑滋賀院門跡境内の伝教大師・最澄

今日は、豊かな自然と歴史に恵まれ、静かで落ち着いた独特の雰囲気を感じさせてくれる、門前町・坂本の街並みを満喫できた一日となりました。 

                    P1300095.jpg

座禅止観
今日は強い寒気の影響で、たいへん肌寒い陽気の一日となりました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1290828.jpg

         P1290833.jpg

参道脇の水仙(スイセン)は、今日も元気に咲いてくれています。

         P1290829.jpg


毎年この時期になると、大津市・坂本地区の滋賀院門跡にて比叡山幼稚園の園児さんたちが座禅止観(ざぜんしかん)を体験されています。

今年も、今日9日に比叡山幼稚園の約60人の年長組の園児さんたちが、厳粛な雰囲気の中、約20分ほど座禅止観を体験されました。

         座禅止観
                ↑コチラは園内での座禅止観の様子

比叡山幼稚園では普段から座禅止観を取り入れられているようで、このように小さな頃から座禅止観を体験することで、心を落ち着かせ集中力を高める効果がより一層期待できるともいわれています。

今日は肌寒い堂内にて、園児さんたちが一生懸命に座禅止観に取り組んでおられたようです。


今日も夕方5時の鐘を、遊びに来てくれた子どもさんたちがそれぞれ上手に撞いてくれました。

         P1290856.jpg

今日も肌寒いなか、子どもさんたちの元気な遊び声がお寺に響きわたる、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

                   P1290858.jpg

冬日可愛
今日は一日を通して冷たい雨が降り続き、たいへん肌寒い陽気となりました

午前中は、はじめに内池地区のTさん宅の月参りに寄せていただきました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
              P1290795.jpg
                    ↑Tさん宅のお内仏(仏壇)

Tさん宅の月参りに続き、東近江市・五個荘町の淡海書道文化専門学校へ書道の稽古に行ってきました。

         P1290797.jpg

今日も奥平朋子先生より、今月の楷書の検定課題・「冬日可愛(とうじつはあいすべし)・・・冬の日もまた親しむべきである」と、

              P1290800.jpg
                ↑奥平先生に書いていただいたお手本

              P1290801.jpg

Wさんより頂いた、小学生の子どもさんたちを指導するための検定課題・「ふで」をもとにそれぞれ添削指導をしていただきました。

              P1290802.jpg
               ↑Wさんより頂いた小学1年生の検定課題

              P1290803.jpg

始筆や収筆、転折やハネといった基本的な筆の扱いの大切さや、文字線の太さや角度、筆の穂先の向き、筆圧の加え方や身体全体で文字を書く意識の大切さなどを指導していただきました。

         P1290799.jpg
                     ↑今日の教室の様子

いつもお寺に遊びに来てくれている子どもさんたちと一緒に書を学んでいけるような、本堂での習字教室という夢と目標に向けて、これからも日々書道の稽古に励んでいきたいと思います。

               絵手紙143
                 ↑奥平先生より頂いた絵手紙

奥平先生、今日もご丁寧に指導いただき本当にありがとうございました!


午後からは、日野町・西大路地区の真宗大谷派(お東)養泉寺さまで開催された、照光寺も属する近江六組主催の声明講習会に参加してきました。

         P1290804.jpg
                         ↑山門

         P1290807.jpg
                         ↑本堂

今日は近江六組内の各寺院のご住職や副住職、坊守(ぼうもり)などの寺族対象の声明講習会で、講師は准堂衆(じゅんどうしゅう)の先輩で、普段からお世話になっています湖南市・石部地区のJ寺のご住職のSさんでした。

*准堂衆(じゅんどうしゅう)とは、本山の御堂衆(みどうしゅう)に准ずるということから名づけられており、その名の通り毎年、ご本山(真宗本廟・京都東本願寺)の御正忌報恩講や春の法要への出仕・自主参勤によって御堂衆のお手伝いをさせていただいております。
また、中央声明講習会での学習経験から、地元・赤野井別院ならびに大津別院を拠点にして、教区内における声明指導・法要加勢などを担当させていただいています。


         P1290811.jpg

今日の講習では、普段の法務(お参り)で用いる機会の多い伽陀(かだ)浄土三部経御文(おふみ)の拝読のポイントや心得などをご指導いただきました。

         P1290812.jpg

Sさん、今日は分かりやすく丁寧にご指導いただき、本当にありがとうございました!


今日も雨の降るなか、夕方5時の鐘を遊びに来てくれた子どもさんが撞いてくれました(^_^)

         P1290822.jpg

Yちゃん、どうもありがとうございました

                  P1210256.jpg

寺子屋
今日は日差しに恵まれ、風も穏やかな過ごしやすい陽気となりました

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1290762.jpg

         P1290761.jpg

日差しの恵みを受けて、本堂前テラコッタのビオラは今日も元気に咲いてくれています。

         P1290763.jpg


午前中は、内池地区のOさん宅の月参り、Fさん宅の年忌法要(法事)、午後からはKさん宅の月参りにそれぞれお参りさせていただきました。

              P1290760.jpg
                    ↑Oさん宅のお内仏(仏壇)


今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました(^^)

         P1290775.jpg

本堂内の一室で、それぞれ習字のお稽古をしてくれていました。

         P1290779.jpg

淡海書道文化専門学校の別科コースでご一緒に学ばせていただいている、高島市で習字教室をされているWさんから頂いたお手本を見ながら書いてくれていました。              

              P1290794.jpg

昔の寺子屋のように、こうして遊びに来てくれている子どもさんたちと一緒に書を学んでいける本堂での習字教室を一日でも早く開設できるように、これからもしっかりと書道の稽古に励んでいかないといけないなと感じさせられました。

              P1290773_20111207184242.jpg
               ↑子どもさんたちが書いてくれた案内ボード

夕方5時の鐘もみんなで上手に撞いてくれました。

         P1290791.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺に響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

                   P1290766.jpg

手作りタペストリー
今日は薄雲に覆われ、冷たい空気に覆われ肌寒い一日となりました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1290731.jpg

         P1290734.jpg

参道脇の水仙(スイセン)

         P1290728.jpg

駐車場脇花壇の山茶花(サザンカ)は、今日もそれぞれ綺麗な花を咲かせてくれています。

         P1290733.jpg


今日は午前中に内池地区のFさん宅、Tさん宅、湖南サンライズ地区のNさん宅、午後からは内池地区のTさん宅の月参り、Iさん宅の中陰法要にそれぞれお参りさせていただきました。

              P1290720.jpg
                   ↑Fさん宅の手作りタペストリー


今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました(^.^)

         P1290743_20111206202833.jpg

肌寒いなか、境内で野球やサッカーなどをしながら元気いっぱい遊んでくれていました。

         P1290754.jpg

夕方5時の鐘もみんなで上手に撞いてくれました。

         P1290756.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺に響く、とても賑やかな嬉しい一日でした(^_^)

         P1290753_20111206203239.jpg

                   P1290735.jpg

尼講忘年会
今日は寒気の影響が残り、冷たい北風とともに時雨(しぐれ)の降る肌寒い陽気となりました

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1290674.jpg

         P1290673.jpg

駐車場脇花壇のツバキは、今日も元気に咲いてくれています。

         P1290671.jpg


午前中は、日野町・松尾地区のKさん宅の月参りに寄せていただき、お昼前からは、年末恒例の尼講(70歳以上の女性の皆さまのグループ)忘年会が開催されました。

         P1290656.jpg
                        ↑勤行の様子

はじめに本堂にて正信偈(しょうしんげ)のお勤めをさせていただき、そのあと座敷に移動してゲームなどを交えながら食事を頂き、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

         P1290659.jpg
                       ↑ゲームの様子

肌寒いなか、ご参加いただきました尼講会員の皆さま、今日は本当にありがとうございました!


午後からは、内池地区のOさん宅の月参りに寄せていただきました。

         P1290669.jpg
                  ↑Oさん宅のお内仏(仏壇)


Oさん宅の月参りを終えてから京都へ移動し、夕方からは真宗大谷派(お東)京都教務所で行われた、所属している京都教区・准堂衆会の月例会に出席してきました。

*准堂衆(じゅんどうしゅう)とは、本山の御堂衆(みどうしゅう)に准ずるということから名づけられており、その名の通り毎年、ご本山(真宗本廟・京都東本願寺)の御正忌報恩講や春の法要への出仕・自主参勤によって御堂衆のお手伝いをさせていただいております。
また、中央声明講習会での学習経験から、地元・赤野井別院ならびに大津別院を拠点にして、教区内における声明指導・法要加勢などを担当させていただいています。

         P1290679.jpg

今日の月例会では、音木の扱い方やお経を拝読する際の作法などの習礼(稽古)が行われ、先輩方に指導していただきました。

まだまだ覚えなくてはいけないことだらけですが、このような習礼(稽古)で教えていただいたことをしっかりと覚えて、これからも声明・儀式作法の研鑽を重ねていきたいと思います。

ご指導いただきました、京都教区・准堂衆会の皆さま、今日は本当にありがとうございました!


准堂衆会の月例会からの帰りに、滋賀県大津市にある琵琶湖大津館に立ち寄ってきました。

         P1290688.jpg

         P1290698.jpg

現在、琵琶湖大津館では「光の庭」と題し、建物周辺やイングリッシュガーデンがイルミネーションで彩られています。

         P1290705.jpg

         P1290707.jpg

お近くに行かれた際は、ぜひ琵琶湖大津館で開催中のイルミネーション「光の庭」へ足をお運びください!

開催地・・・びわ湖大津館  滋賀県大津市柳が崎5-35 地図は→コチラ

開催期間・・・2011年12月1日(木)~2012年1月22日(日) 17:00~22:00(予定)

アクセス 公共交通機関・・・JR琵琶湖線「大津駅」下車 バス 10 分 柳が崎
           ・・・JR湖西線「大津京駅」下車 徒歩 20 分
車・・・名神大津ICから15分

駐車場・・・普通車160台

お問い合せ びわ湖大津館 TEL:077-511-4187


                   P1290667.jpg

湖南三山の紅葉
今日はお昼過ぎまで時雨(しぐれ)が降り、夕方からは晴れ間がのぞく空模様の一日となりました。

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1290633.jpg

         P1290635.jpg

参道脇の水仙(スイセン)は、次々と花を咲かせてくれています。

         P1290648.jpg


今日は昨日に引き続き、湖南市・石部地区のJ寺さまの報恩講(ほうおんこう)法要に参勤させていただきました。

         P1290532_20111204200541.jpg

朝7時頃のJ寺さまの上空には、ちょうど綺麗な虹が架かっていました。

         P1290533.jpg

今日は午前7時半からの「結願晨朝勤行」に出仕させていただきました。

         P1290539.jpg
                ↑J寺さまのご本尊・阿弥陀如来立像

朝早くからお参りいただきましたご門徒の皆さま、ご一緒に出仕させていただきました組内法中(近隣寺院のご住職さま方)の皆さま、Yさん、そしてJ寺さまの御正当報恩講法要のご縁をいただきましたご住職のSさん、今日はお世話になり本当にありがとうございました!

              P1290536.jpg
               ↑J寺さまの玄関に置かれているイラスト

J寺さまの報恩講法要の帰りに、湖南三山のうちの2つの寺院、常楽寺と長寿寺に立ち寄ってきました。

湖南三山は、滋賀県湖南市に点在する常楽寺と長寿寺、そして善水寺のいずれも天台宗に属する3つの寺院の総称です。

滋賀県内においては湖東三山と並ぶ紅葉の名所として、県内外から多くの観光客の方々が湖南三山の各寺院を訪れて来られます

まずはじめに、常楽寺を訪れました。

         P1290560.jpg

         P1290562.jpg

見ごろを迎えている紅葉が朝日に照らされて、本堂を背景にとても綺麗な風景が広がっていました。

         P1290555.jpg

         P1290589.jpg

常楽寺に引き続き、長寿寺を訪れました。

         P1290628.jpg

         P1290597.jpg

長寿寺は参道沿いに多くの紅葉があり、色鮮やかな紅葉のトンネルを抜けるとやがて本堂が見えてきます。

         P1290624.jpg

         P1290621.jpg

お近くに行かれた際はぜひ、湖南三山の各寺院へお参りください!


お昼には、日野町村井地区の「日野生花・葬儀ホール」にて勤まった真宗大谷派(お東)・光延寺さまのご門徒の葬儀式へ、役僧(やくそう)としてお参りさせていただきました。

お参りいただきましたご家族、親類、地域の皆さま、今日はありがとうございました。

                  P1290630.jpg



優しい面影
今日は朝から雨模様となり、蒸し暑い陽気の一日となりました

             *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1290503.jpg

         P1290504.jpg

雨の恵みを受けて、境内のツワブキ

         P1290507.jpg

本堂前テラコッタのビオラは、今日もそれぞれ元気に咲いてくれています。

         P1290505.jpg


午前中は最初に、内池地区のKさん宅の月参りに寄せていただきました。

         P1290511.jpg
                   ↑Kさん宅のお内仏(仏壇)

お昼前からは、内池地区のIさん宅の年忌法要(法事)にお参りさせていただきました。

Iさん宅は、大学生の頃に初めて月参りに寄せていただいた思い出深いお宅でもあります。

月参りデビューということで緊張していた私を、穏やかな笑顔で温かく迎えてくださった亡きNさんの優しい面影はいまも忘れることができません。

         P1290516_edited-1.jpg
                        ↑勤行の様子

今日は、そのような亡きNさんの生前のお姿を偲びながら、ご家族、親類の皆さまとともにお勤めをさせていただきました。

足元の悪いなか、お参りくださいましたご家族、親類の皆さま、今日は本当にありがとうございました!


午後からは、所属している京都教区・准堂衆(じゅんどうしゅう)会の先輩で、以前から声明(しょうみょう)・儀式作法などをご指導いただき、たいへんお世話になっているSさんがご住職を務めておられる湖南市・石部地区のJ寺さまの報恩講法要に参勤させていただきました。

         P1290521.jpg
                          ↑参道

*准堂衆(じゅんどうしゅう)とは、本山の御堂衆(みどうしゅう)に准ずるということから名づけられており、その名の通り毎年、ご本山(真宗本廟・京都東本願寺)の御正忌報恩講や春の法要への出仕・自主参勤によって御堂衆のお手伝いをさせていただいております。
また、中央声明講習会での学習経験から、地元・赤野井別院ならびに大津別院を拠点にして、教区内における声明指導・法要加勢などを担当させていただいています。

         P1290522.jpg
                         ↑山門

今日は午後2時半から結願逮夜勤行が始まり、外陣に出仕させていただきました。

         P1290523.jpg
                         ↑本堂

お参りいただいたご門徒の皆さまや、近隣寺院のご住職さま方、京都教区・准堂衆会の先輩方とともに正信偈のお勤めをさせていただきました。

足元の悪いなか、お参りくださいましたご門徒の皆さま、J寺さま、今日は本当にありがとうございました!

               P1110101_20110803202842.jpg

報恩講法要(明性寺さま)
今日は一日を通して雲に覆われ、ときおり雨の降る肌寒い陽気となりました

              *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1290484.jpg

         P1290491.jpg

雨の恵みを受けて、山門のモミジは赤く色づいてきています

         P1290492.jpg


今日は午後から、日野町・増田地区の真宗大谷派(お東)明性寺さまの報恩講法要に参勤させていただきました。

         P1290494.jpg
                         ↑山門

明性寺さまと照光寺は「相焼香(あいじょうこう)」の間柄で、昔からお互いに深くお付き合いをさせていただいております。

*相焼香とは、近隣のお付き合いさせていただいている寺院の中でも、お互いのお寺での大きな行事や儀式に必ずその代表として御焼香させていただく間柄のことで、御焼香はもちろんのこと、ご法要・儀式の導師をつとめ合う関係の寺院のことを指します。

         P1290496.jpg
                         ↑本堂

今日は午後2時より逮夜法要が始まり、組内法中(近江六組に所属するお寺のご住職の方々)の皆さまとともに内陣に出仕させていただきました。

         P1290500.jpg
                       ↑勤行の様子

お参りいただいたご門徒の皆さまとともに、正信偈のお勤めをさせていただきました。

         P1290497_20111202212709.jpg
               ↑お参りいただいたご門徒の皆さまの様子

肌寒いなか、お参りいただきましたご門徒の皆さま、ご一緒に出仕させていただきました組内法中の皆さま、明性寺さま、今日は本当にありがとうございました!


今日も夕方5時の鐘を、遊びに来てくれた子どもさんが上手に撞いてくれました。

         P1290501_20111202212708.jpg

Rくん、どうもありがとうございました

              P1170881_20110802200806.jpg