FC2ブログ
プロフィール

KENSHIN  

Author:KENSHIN  
照光寺ブログへようこそ!
滋賀県日野町・照光寺の副住職
花木信(法名・釋憲信)です。
照光寺についての様々な出来事を掲載していきたいと思います。


照光寺やなせななさんコンサート
♪「さくら」

照光寺のブログ内を検索する

検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリックしてください。

照光寺日記のカテゴリー

お好きなテーマを選んでください!

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の時刻

照光寺
滋賀県日野町照光寺のブログです
日野菜
今日は風もおだやかで、雲の合間から日差しも差込み、過ごしやすい陽気となりました

                   *画像はクリックで拡大します!
              P1080624.jpg

遊具脇花壇の笑顔のビオラ・庭こぞうは、今日も元気に咲いてくれています。

              P1080634.jpg

                  P1080628_20101210223336.jpg


午前中は、内池地区のMさん宅の月参りに寄せていただきました。

                  P1080623.jpg


照光寺の所在地、滋賀県蒲生郡日野町の特産品のひとつに、日野菜があります。

日野菜はその名が示すとおり、滋賀県日野町を発祥地とするカブラの一種です。

              P1080638.jpg
                ↑照光寺のご門徒さまから頂いた日野菜 

室町時代の日野の領主・蒲生貞秀公が、日野の鎌掛(かいがけ)という地域で野生菜を発見し、その菜を漬物にしてみると、色、味ともに風雅なものであったため、京の公家に贈り、時の天皇に献上されました。
天皇もこの漬物の美味しさに喜び、その公家を通じ和歌一首が貞秀公のもとに贈られました。

『近江なる ひものの里の さくら漬 これぞ小春の しるしなるらん』

以来この菜を日野菜とよび、漬物を「さくら漬」の名で親しまれるようになったといわれ、歴史ゆかしい伝統野菜です。

              日野名

日野町では、地元で大切に守られてきた種苗を栽培し、寒暖の差によって首の部分が鮮やかな紫紅に発色します。


この日野菜は、お漬物としてだけでなくて、様ざまなお料理に用いられています。
クリック→日野菜のレシピ

最近は、「ひの菜(なっ)ちゃん」というお茶漬けの素や、日野菜マリネ&日野菜ドレッシングも開発されていて、お漬物の苦手な子どもさんをはじめとした、若い世代にも身近になってきています。

              日野菜

皆さまもぜひ日野町の特産品、日野菜をお試しください


今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

              P1080640.jpg

本堂でビンゴゲームをしたり、境内でバトミントンなどをして元気に遊んでくれていました。

              P1080645.jpg

夕方5時の鐘もついてくださり、とても良い音色が響いていました。

              P1080650.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響き、とても賑やかで嬉しい夕暮れのひと時でした

              P1080641.jpg


夜には、東近江市八日市地区のご門徒、Tさん宅の中陰法要にお参りさせていただきました。

              P1080653.jpg
                  ↑Tさん宅のそばのイルミネーション

お参りいただきましたご家族、親類の皆さま、今日は本当にありがとうございました。

                      P1080630.jpg

去る、9月23日(祝)に照光寺へお越しいただき、心癒される素敵な歌声をきかせていただきました、シンガーソングライター・やなせななさんが来る12月14日(火)に近畿地方のテレビ番組、読売テレビかんさい情報ネットten!にコメンテーターとして出演されます

◆12月14日(火) 読売テレビかんさい情報ネットten! 午後4時48分~午後7時

皆さま、ぜひご覧ください!

    
                  やなせななさん 「さくら」 
                 
砂川恵理歌さんが歌われている「一粒の種」の書籍化が決定しました

一粒の種 ~命のうた、見送りのうた~
砂川恵理歌・中島正人・高橋尚子・下地勇 著

感動的な詩と、美しい写真で綴るフォトブック。
砂川恵理歌さんと作詞者たちが、「一粒の種」誕生から歌い継がれてきた現在までの軌跡を語る。
---------
2010年12月24日発売予定 → 2011年1月22日(土)発売予定 
*諸事情により、発売延期となりました
四六判変形ハードカバー72p予定
定価1000円(税込)
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
amazonのページへ →クリック!

皆さまぜひご覧ください!

    
                砂川恵理歌さん 「ひかり」      
スポンサーサイト




■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shoukouji.blog11.fc2.com/tb.php/373-d42041ed
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)