FC2ブログ
プロフィール

KENSHIN  

Author:KENSHIN  
照光寺ブログへようこそ!
滋賀県日野町・照光寺の副住職
花木信(法名・釋憲信)です。
照光寺についての様々な出来事を掲載していきたいと思います。


照光寺やなせななさんコンサート
♪「さくら」

照光寺のブログ内を検索する

検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリックしてください。

照光寺日記のカテゴリー

お好きなテーマを選んでください!

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の時刻

照光寺
滋賀県日野町照光寺のブログです
僧侶の呼び名
今日は冬らしい灰色の雲に覆われ、ときおり小雪の舞う、たいへん肌寒い一日となりました。
                 *画像はクリックで拡大します!         
         P1110888.jpg

本堂前テラコッタのプリムラ・ジュリアン

         P1110886.jpg

サボテンは、今日も元気に咲いてくれています。

         P1110887.jpg


年忌法要(法事)などにお参りさせていただくと、様々な地域からそれぞれ異なる宗旨の方々とお出会いします。

そのときに、僧侶である私のことを呼ばれる「呼び名」は様々な種類があります。

住職さん、副住職さん、ご院家さん、ご院主さん、ごえんさん、若院さん、若さん、和尚さん、おっさん・・・など人によって様々な呼び名で私のことを呼んでくださいます。

         月参り

照光寺の属する浄土真宗では地域によって様々ですが、「ごえんさん」、「ごいんさん」、「「おじゅっさん」などと呼ばれる場合が多いようです。

院主に御をつけて「御院主(ごいんじゅ)さん」、これが言いやすいように「ごいんさん」、「ごえんさん」となり、「御寺主(おじしゅ)・御住持(おじゅうじ)さん」が「おじゅっさん」、「おっさん」になったそうです。

ちなみに、浄土真宗では使わない呼び名の和尚はサンスクリット語(梵語)の「オッジャー」の音写で、意味は先生または師匠となり、人々に接して教えを説く僧を指します。天台宗では「かしょう」、浄土宗・禅宗系統では「おしょう」、真言宗・法相宗では「わじょう」と読みます。

そして、女性僧侶の方のことを「尼さん」「尼僧(にそう)」と呼び、語源はサンスクリット語(梵語)で善良な女性を意味する「アンバー」の音写だといわれています。

              しんぼち

また、いつか寺を継いでいく子どものことを「新発意(しんぼち)」と呼ぶこともあり、「新発意」の発意は発心で、悟りを求めてあらたに仏門に入った僧侶のことを指します。
私も小さな頃から新発意(しんぼち)さんと呼ばれることが多く、副住職となったいまでもよく呼ばれています。

このように様々な僧侶の呼び名があるなかで、多くのご門徒の皆さまは、私のことを「信(まこと)さん・信くん」、遊びに来てくれている子どもさんたちも「まこちゃん」と親しく名前で呼んでくださるのが本当にありがたく嬉しいことです。

皆さまも、それぞれの地域・宗旨に合わせて僧侶の呼び名をお使いください。

         P1110909.jpg


スポンサーサイト




■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shoukouji.blog11.fc2.com/tb.php/425-2142b240
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)