FC2ブログ
プロフィール

KENSHIN  

Author:KENSHIN  
照光寺ブログへようこそ!
滋賀県日野町・照光寺の副住職
花木信(法名・釋憲信)です。
照光寺についての様々な出来事を掲載していきたいと思います。


照光寺やなせななさんコンサート
♪「さくら」

照光寺のブログ内を検索する

検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリックしてください。

照光寺日記のカテゴリー

お好きなテーマを選んでください!

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の時刻

照光寺
滋賀県日野町照光寺のブログです
擬宝珠
今日は風もおだやかで日差しにも恵まれ、過ごしやすい一日となりました

                  *画像はクリックで拡大します!
         P1120492.jpg

         P1120496.jpg

本堂のそばの梅のつぼみはもうすぐ花を咲かせてくれそうです。

         P1120513_20110202185610.jpg

また、境内の水仙(雪中花)

              P1120517.jpg

遊具脇花壇のパンジー・ビオラは日差しの恵みを受けて、今日もそれぞれ元気に咲いてくれています。

         P1120504.jpg
                 ↑笑顔のビオラ・庭こぞう

         P1120499.jpg


お寺や神社の階段や橋の欄干などの、柱の頭部についている丸い装飾金具のことを擬宝珠(ぎぼし、ぎぼうしゅ)と呼びます。

         P1120526.jpg

仏教が伝来して以来、主に寺院建築によく使われ、やがて神社や橋などにも使われるようになったといわれています。

仏典には如意宝珠(にょいほうじゅ)と呼ばれる珠が登場し、文字通り、思いのままに欲しいものを出す珠で、病気の苦しみを除き、濁った水を澄んだ水に変え、禍(わざわい)を断つ力を持っているといわれています。

              P1120524.jpg

丸い珠で頭がとんがっていて、左右から火炎が燃え上がっている形をしています。

この如意宝珠に似せているので、橋や回廊の欄干などにつける飾りのことを「擬宝珠」と呼ぶようになりました。

             武道館のぎぼし
                  ↑日本武道館の屋根の擬宝珠

また、擬宝珠という名前のユリ科の多年草もあり、夏に淡紫色の花を咲かせます。

         ぎぼうし
                  ↑ユリ科の多年草の擬宝珠

ネギの花ネギ坊主)も擬宝珠と呼ぶそうです。

         ネギの花
                    ↑ネギの花(ネギ坊主)

私たち身のまわりでは、様ざまな種類の「擬宝珠」を目にすることができます。


今日も夕方になると、子どもさんたちがお寺まで遊びに来てくれました。

         P1120533.jpg

本堂で本を読んだり、縁側で卓球をして元気に遊んでくれていました。

         P1120535.jpg

こうして普段からお寺へ気軽に遊びに来てくれるというのは本当にありがたいことです。

         P1120538.jpg

今日も子どもさんたちの元気な遊び声がお寺いっぱいに響く、とても賑やかな嬉しい一日でした

                  P1120523.jpg
スポンサーサイト




■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shoukouji.blog11.fc2.com/tb.php/433-49d0daba
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)