FC2ブログ
プロフィール

KENSHIN  

Author:KENSHIN  
照光寺ブログへようこそ!
滋賀県日野町・照光寺の副住職
花木信(法名・釋憲信)です。
照光寺についての様々な出来事を掲載していきたいと思います。


照光寺やなせななさんコンサート
♪「さくら」

照光寺のブログ内を検索する

検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリックしてください。

照光寺日記のカテゴリー

お好きなテーマを選んでください!

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の時刻

照光寺
滋賀県日野町照光寺のブログです
だるま
今日は日差しに恵まれ、風も穏やかな比較的過ごしやすい一日となりました

                 *画像はクリックで拡大します!
         P1130104.jpg

         P1130106.jpg

本堂そばの梅のつぼみが開きはじめました。

         P1130108.jpg

また、参道の水仙(雪中花)

         P1130103.jpg

遊具脇花壇のパンジー・ビオラは、日差しの恵みを受けて今日もそれぞれ元気に咲いてくれています。

         P1130140.jpg
                   ↑笑顔のビオラ・庭こぞう

         P1130142.jpg


午前中は、内池地区のTさん宅の月参りに寄せていただきました。

         P1130121.jpg
                     ↑Tさん宅のだるま


私たちの身のまわりでよく目にする「だるま」は、縁起物として広く親しまれています。

「だるま」というのは、サンスクリット語で「法」を表す言葉で、この「だるま」のモデルとなったのが、中国禅宗の開祖といわれる菩提達磨(ぼだいだるま)大師です。

         だるま図

南インドで生まれた達磨大師は、六世紀のはじめに中国南部に渡って禅の教えを伝えていかれました。

後に、少林寺拳法で有名になる嵩山少林寺(すうざん しょうりんじ)にて修行に打ち込み、9年間にわたり壁に向かって坐禅(ざぜん)をしていたと伝えられています。

このため、手足が腐ってしまったという伝説ができ、後に縁起物の「だるま」の姿になったとされています。

         だるまさん

倒れてもすぐに起き上がる、七転び八起き の精神を表している「だるま」の姿を見習って、日々精進を重ねていきたいなと思います。

                  P1130112.jpg
スポンサーサイト




■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shoukouji.blog11.fc2.com/tb.php/439-4803a8b5
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)