FC2ブログ
プロフィール

KENSHIN  

Author:KENSHIN  
照光寺ブログへようこそ!
滋賀県日野町・照光寺の副住職
花木信(法名・釋憲信)です。
照光寺についての様々な出来事を掲載していきたいと思います。


照光寺やなせななさんコンサート
♪「さくら」

照光寺のブログ内を検索する

検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリックしてください。

照光寺日記のカテゴリー

お好きなテーマを選んでください!

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の時刻

照光寺
滋賀県日野町照光寺のブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバタもえくぼ
今日は朝から雪が降り、山門や本堂の屋根が薄っすら白くなっていました。

             *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
         P1300586.jpg

照光寺の所在地・日野町も今日が初雪となりました

         P1300589.jpg

参道脇の水仙(スイセン)は、今日も元気に咲いてくれています。

         P1300594.jpg


午前中は、内池地区のMさん宅の月参り、Iさん宅の中陰法要にそれぞれお参りさせていただきました。

         P1300599.jpg
                    ↑Mさん宅のお内仏(仏壇)


私たちが日ごろ用いている慣用句には、仏教から生まれたものがいくつかありますが、「アバタもえくぼ」という言葉もそのうちの一つとして知られています。

「アバタ」は、天然痘にかかって治ったあとに、小さなくぼみのように残るあとで、恋する者の目には、相手のアバタでもえくぼのように見えて、ひいき目で見れば、どんな欠点でも長所に見えるということのたとえとして用いられていますが、もともとこの「アバタ」という言葉は、サンスクリット語の「アルブタ」の音写で、腫れ物や水泡という意味で、仏典にも出てくる言葉です。

         地獄
                      ↑八寒地獄の様子

仏教で説かれる八寒地獄の一つに、阿浮陀(あぶだ)地獄があります。

嘘をついたり、悪口を言ったり、聖者を軽蔑する言葉を吐いた者が落ちる阿浮陀地獄はたいへん厳しい寒さのため、身体中に腫れ物ができ、たいへんな苦しみを味わうとされています。

このアルブタ・阿浮陀が「アバタ」となり、天然痘のあとに残る痕跡の意味となりました。


今日も夕方5時の鐘を、遊びに来てくれた子どもさんが上手に撞いてくれました(^_^)

         P1300609.jpg

Yちゃん、どうもありがとうございました

                  P1300598.jpg
スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shoukouji.blog11.fc2.com/tb.php/767-a5ed5286
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。